青木FUKI
                 ◆過去のブログはここをクリック

■2016年5月24日
<バルバラ出演>
 ピアニストショーン星野さん朝からついてない事があったりして、バタバタの日でした。落ち着かないあたしでしたが、やはりステージに影響あり、リクエストの歌がメチャクチャの歌詞になり、反省しました。

■2016年5月23日
<青い部屋出演>
 今月お亡くなりました戸川昌子さんとの共演を楽しみにしてましたが、本当に悲しく、寂しい気持ちです。ご冥福をお祈り致します。NEROさん戸川昌子さんの息子さんが主催になり、月曜シャンソンライブ、ピアニストの中上香代子さんと久しぶりの再会でした。相変わらず素晴らしいピアノ伴奏でした。共演のショーン星野さんの歌手としての共演は初めてでした。甘い声のショーンさんフランス語で歌われたシャンソン素敵でした。

■2016年5月21日
<シャンパーニュ出演>矢田部道一の世界を歌う
 ムッシュの命日月、矢田部道一ワールドの夜でした。ステージの壁にムッシュの写真があり、つくづくムッシューが居ないこの世は寂しい。でも、素晴らしい沢山の詞を残してくれてありがとう。感謝します。シャンソン、カンツォーネ、タンゴ、ジャズなど何千という訳しをなさり、改めて偉大なる矢田部道一さんにブラボーです。


■2016年5月8日
<六本木クラップス>
 母の日のランチショウ。10人のあたしの歌の子供たちの華麗で優雅で素敵なマダム10人のランチショウでした。
日頃あたしの厳しいレッスンの成果が見事に出ていて素晴らしい会でした。山下淳さんにも素晴らしいと誉めて頂きました。シンセの宮本一さんにも伴奏をしていただき、本当に盛り上がる伴奏で、皆さんの歌が余計華やかになり良かったなと思いました。
おしゃれなクラップスに負けないドレスで見る聞くお客様は満足してました。ランチも美味しいとの評判でした。

■2016年5月7日
<青木FUKIランチショウ>
 日立のテラスザスクウエアホテル
 200人のお客様がワクワクしてあたしを待っていてくれました。ピアノは山下淳さん、シンセに宮本一さん。
プログラムはシャンソンにカンツォーネにラテンナンバーやピアソラのナンバーを入れました。終わったとたんに次はいつですか?と沢山の方々からお声がかかり嬉しかった。高校時代の友人との再会もあり懐かしい一日でした。

■2016年4月27日
 日本武道館イルディーボコンサートに行きました今回はラテン音楽中心で、とにかく素晴らしく堪能しました。アリーナ席でしたので、よく見え口の開けかたや表情がよく見え良かっです。今回はダンサーも10人ぐらいラテンからアルゼンチンタンゴから見せてくれ、これぞ一流のショーパフォーマンスだと思い、ラスベガスのショーを思い出しました。タンゴもVolverやポル ウナカベッサなど大好きナンバーもありとにかく凄い歌唱力の4人、ソロでの四人の実力を見せつけられました。だいだい満足のイルディーボでした。
ブラボー、ブラボー、ブラボー!!

■2016年4月26日
<バルバラ出演>
 昼コンサートあり、夜はさすがに疲れましたが、気力振り絞り熱唱しました。山下淳さんの素晴らしいピアノ伴奏につられながら歌いました。ライブ終えてからマダム千葉美月さんが、美味しい中華料理で労ってくださり嬉しかったし、美味しかった。あたたかい気持ちになり、疲れが飛んじゃいました。

■2016年4月26日
<レカマラードコンサート>中野芸能小劇場
 15人の歌手の熱唱は、素晴らしく毎回向上してましたし、歌に合わせたドレスも素敵でした。プロデュースの丸山さんのお人柄が滲み出ているレカマラードコンサートでした。あたしも6曲を歌いました。音響の田島企画のタカヒーも素晴らしいPAでし。伴奏もビアノ土肥弘明さん、ベース大津さん、バイオリン吉久亜紀さん。バイオリンの吉久さんの繊細なバイオリンの音色は、シャンソン&カンツォーネの歌を盛るあげてくださり、歌う我々も気持ちが入りやすく、素晴らしい誘導をなさってくださいました。あたしの生徒は鈴木雅子さんと薄井三和さん、ドラマチックな歌唱の薄井三和さんのアコーディオン弾き、鈴木雅子さんの何故私に愛を語らないは、自分の人生を振り返りの哀愁ある語る歌を歌い素敵でした。

■2016年4月23日
 西武カルチャーは、朝から皆さん真剣に受け止めてくれるので、こちらも熱血全開レッスンします。午後は二子玉川カルチャー、こちらも緩やかななかにもとても真剣なレッスンで、90分直球投げ続けるレッスン。アフターは和やかなおしゃべりとワインで、楽しいひとときでお教室ではみれない普段な皆さんと接してのいいひととき。
 久しぶりに自由が丘を歩きたくなり、ぶらぶらして音大生時代毎日のように自由が丘に来ていました。そうだ、大連に行こう。餃子と焼きそばたべよーと。ここの餃子と焼きそばは最高に美味しく、あの頃お付き合いしていた彼に連れていかれびっくり。あまりにもシンプルな餃子、皮もあんもとにかく美味しい。焼きそばも40年前と変わらずキャベツしか入ってないのに麺や焼き方最高に美味しい。味も何もかも美味しい。あの頃セーラー服を着て学校帰りにお手伝いしてたむすめさんもすっかり色っぽい女性になり、またまたびっくりしました。マスターも奥さんも仲よく店をやってんだなとーなんか胸がきゅーんしました。また行こう。

■2016年4月16日
<シャンパーニュ出演>
 共演はMAIKO、 唯文、 麗香、ピアノは土肥弘明さん。
華やかなシャンパーニュとなり、相変わらず素敵な唯文さん。マダム達の心をわしづかみ繊細な表現のMAIKOさん、華やかでチャーミングな麗香さん、キラキラナイトのシャンパーニュでした。  熊本の被災されたかたやお亡くなった方、大変な事態になり、此の夜は正直歌う気力が失せていましたが、逆に魂の叫びで心を込めて歌わせて頂きました。
熊本や被災された皆様頑張ってください。

■2016年4月7日
<ヴィラージュ出演>
 共演は藍澤幸頼さん、目崎千恵子さん、ピアノ三浦高広さん。
大雨の朝、昼でしたが夕方には晴れて良かったです。いつも素晴らしいピアノ演奏と伴奏は、気持ちよく歌えます。三浦高広さんブラボー。

■2016年4月2日
<桜満開ライブ 池ノ端ライブスペースQui>
 共演の冴理さんはジャズナンバーやオリジナル曲など素敵なステージでした。訳詞、作詞者としても才能ある冴理さん、「愛のコンチェルト」や「もう貴方に愛を語らない」を訳され、アルバムに入れました。MAIKOさんのシャンソン2曲も良かったです。あたしも新曲を歌い好評でしたので、ほっとしました。ライブ録音もあり、愛のコンチェルトの緊張あるライブでした。ピアノはショーン星野さん、ベースは店網邦夫さんでした。

■2016年3月22日
<バルバラ出演>
 飯田尚子さん初出演。つねにソロライブをしてらっしゃるので、ステージはMCも上手で華やかさがありました、二部のステージのシャンソンが素敵でした。翔ゆり子さんは大阪からの歌手で久しぶりの共演でした。先生のオルガン素敵でした。

■2016年3月19日
<シャンパーニュ出演>
 今月のシャンパーニュは、生徒さんは出演しませんでした。共演は米田まりさん、ほのかさん、石丸高史さん、斎藤浩さん未来さん。
雨が上がり足元悪いなか入らしてくださりましたお客様に感謝します。

■2016年3月16日
銀座「蛙たち」スペシャルライブ
 共演は小笠原啓さん、ピアノは砂原嘉博さん。
満席の蛙たち、京都から私のYoutubeを見ていらしたかたや噂を聞いて、いらしたかたがたもあり、賑やかな蛙たちでした。二回目の出演の小笠原啓さんも一部は少し緊張がありましたが、
二部は素晴らしい歌声でした。
■2016年3月13日
<パレット教室>
 発表会。16人のマダム達が2曲づつお歌いになりましたが、去年よりはるかに上達されてて素晴らしいと感じました。ドレスも皆さん曲に合わせて華やかな発表会となりました。あたしも7曲歌いお客様に喜んで頂き、感謝します。
ピアノは豊島裕子さん、バイオリンは福森隆さん。
音響の田嶋企画に支えられ、出演者皆さん素晴らしい歌声でした。

■2016年3月12日
春風に誘われて
<青木FUKIランチショウー>
大船パラッツォヴィオラ
 ピアノのショーン星野さん、バイオリンの吉久亜紀さんで演奏伴奏していただきました。
満席の会場は熱気に溢れてました。男性のお客様お二人、あとは全員女性でしたので、会場は明るく会話や食事に皆さん笑顔で迎えて下さいました。リクエスト曲もあり、何だかんだ20曲歌いました。雰囲気のいい感じで歌いながら満足しながら歌いました。

■2016年3月5日
<バルバラ昼ライブ>
 共演は北尾千草 さん。
4曲頑張りました。本番は緊張の中にも北尾ワールドを見せてくれました。
初めてのシャンソニエおめでとうございました。ピアノの関根忍さんの華麗なピアノ演奏、伴奏も素敵でした。

■2016年2月20日
<シャンパーニュ出演>
 共演の廣澤静子さんは、初出演で一部は緊張して少し心配でしたが、二部のムッシュ訳詞のバルバラのナント雨が降る、貴婦人は素晴らしかったです。雨がスゴい中、満席のお客様博多から松山からもお越しいただきありがとうございました。岸本悟明さんも入らして下さいました。久しぶりの岸本さん相変わらずフレンドリーで大好きです。 

■2016年2月15日
<Chantons Barbara!>内幸町ホール 
ゲスト出演
 千葉美月プロデュース
千葉美月訳詞による38曲のバルバラのナンバー。
大阪からアルベルト田中さんのピアノとベースは大津さん。
難しいバルバラのナンバーを皆さん自分のバルバラにして、表現してました。あの難しいリズムや音程を皆さん歌えてましたが、発声基本をも少し勉強するともっと素晴らしくなるかなと感じました。


■2016年2月12日
ラマンダ
<シャンソネットライブ>
 約30年前宇野ゆうこさんのリサイタルで、バックコーラスをソプラノの友人としました。何て素敵な歌の数々シャンソンとの出会いでもありました。優しいお人柄の宇野さんの大ファンになりました。あれからというか初めて共演できた夜でした。変わらないねぇと宇野さん。あたしも全然変わってませんねぇとあの日の思出話に懐かしく嬉しさ一杯でした。パワフルな宇野さんのシャンソンにワクワクしました。シャンソネットはいろいろな歌手のかたがたとの共演が楽しみです。

■2016年2月4日
<京谷弘司タンゴライブ>ウナカンツォーネ
 世の中、食品も濃厚とか、厚切りとか、ぎっしりつまったとかのキャッチコピーをめにしますが、まさしく昨夜のタンゴライブは濃厚でした。
バンドネオンの巨匠京谷弘司さんの繊細かつ力強い演奏、ピアノの淡路七穂子さんの完璧なピアノタッチ。華麗な音色バイオリンの喜多直毅さんとは久しぶりの共演でしたが、相変わらず素晴らしい感覚で美しい音色に聞き入りました。
濃厚な音楽イコールタンゴ。
あたしも4回も衣装を替えて、魂全開で冬の寒さをぶっ飛ばすくらいの熱風になるタンゴを歌いました。昨夜のタンゴライブにブラボー!!

■2016年1月26日
<バルバラ出演>
 共演は向井承子さん、松戸智絵子さん、ピアノ山下淳さん。
満席のバルバラの新春のライブ。松戸さんとは初共演で華やかな雰囲気の美人の松戸さん。ご自分で訳詞をなさり、歌う多才なかたです、向井承子さんはボンジュールクラスの生徒さんですが、、活発で明るく素敵な方です。情熱溢れたお人柄、ステージや歌に出ていました。作家さんならではの奥深い歌唱でした。

■2016年1月20日
<パレットライブ>
 共演は久保田暁子さん、ピアノは山下淳さん。
 二部ステージの新春ライブ。
 久保田暁子さんの説得力のある歌唱に、皆様聞き入っていました。山下淳さんの華麗なピアノの音色も新春の訪れを感じさせ、素晴らしいピアノでした。あたしも久しぶりのパレットライブ、新曲も入れて頑張りました。打ち上げも楽しいひとときでした。



■2016年1月17日
<新春歌いまくるぞ シャンパーニュ出演>
 共演は、MAiko・司純、ピアノ、豊嶋裕子。
 今年初シャンパーニュ出演。恒例のマイコ、司純さんと、斎藤裕さん、未来さんとで楽しく華やかにライブが繰り広げられました。
妹のマイコの昨夜のステージは身内ながら素晴らしいと思いました。バルバラのナンバー_[ピエール][トア]は難しい曲ですが、素敵に自分の歌にしてました。また、日本の歌ですが[冬隣]は客席から涙するかたが沢山いらっしゃいました。司純さんの楽しいかつ知的なMCはお客様を和ませてくださり、さすがでした。矢田部道一の訳詞のシャンソンにこだわり6曲を歌いました。あまり聞いたことのないコジャレたシャンソンも素敵でした。斎藤裕さんと、未来さんのデュエットも華やかて盛り上がりデュエットはいいなあと感じました。
満席のシャンパーニュでした。


■2016年1月5日
 明けましてあめでとうございます。
 本年もよろしくお願い致します。
<池ノ端Qui新春ライブ>
 共演Junさん、ピアノ山下淳さん、シンセサイザー宮本一さん。
 沢山のお客様で熱気溢れるなかでJunさんのjazzナンバーでステージ始まり、説得力ある歌唱力でした。あたしも2016年の初歌いでかなり集中して歌いましたが、二部は気力が少し失せ、途中何度もがんばれFukiと言い聞かせながら歌いました。アズナブールナンバージェザベールを歌い終わりで力入り過ぎて転倒してしまい、皆さんに心配かけてしまいましたが、肉厚のお尻と太ももでお陰さまで大丈夫でした。床が心配です!
 
 


■2015年12月25日
<パレットグループレッスン>
 今年のラストレッスン
シルビーバルタンの[愛の運命]を皆さんで熱唱して、忘年会をして、プレゼント交換もしたりして楽しいひとときでした。

■2015年12月22日
<バルバラ出演>
 クリスマスライブ
 共演は小笠原啓、南口順子、ビアノ山下淳
真っ赤なドレスの南口順子さんの華やかな歌声とステージ素敵でした。小笠原啓さんはクリスマスSongで始まり、スタンダートシャンソンや反戦歌のサンスーシーの女など歌詞に思いが入っていて素晴らしい歌声でした。今年の歌い納めライブのあたしもパワー全開で歌いました。打ち上げもマダム千葉を囲んでピザとBeerで乾杯を!素敵なクリスマスライブとなりました。

■2015年12月19日
<シャンパーニュ出演>
 入口の看板をみて初めて共演者を知り、まあ!と思いシャンパーニュに入ると、ほかま啓こさんが笑顔でいました。あたしのところにレッスンに来ていました、もともと素晴らしく歌がうまくプロ歌手としていけると思ってました。やはり昨夜は素晴らしい歌声を聴けました。そして小倉浩二さんも基礎レッスンをあたしに受けていました。今ではお弟子さんもいて、あちらこちらと歌手活動をしているとの事、甘いマスクと甘い声でマダム達をとりこになさっている(笑)感じでした。おふたりともあたしにレッスンを受けて、現在あると感謝の言葉をステージで言ってくれ、涙してしまいました。つくづく一生懸命レッスンをしたことに自分なりに感動した夜でした。
厳しいレッスンの中に愛溢れるあたしのレッスンはこれでいいのだと確信しました。
いつかあたしのレッスンを受けた方がたで、素敵なコンサートを企画したいなあと思いました。



■2015年12月15日
<銀巴里メモリアルアワー>
シャンソネットスペシャル
 夜の部出演9人の歌手のステージで3曲づつのステージ。
アズナブールの(希望に燃えて)、(喝采)、(ジェザベール)を歌いました。
シャンソン、カンツォーネ、タンゴさまざまな歌を沢山聴けて、良かったとお客様の声でした。それぞれの歌手のファンの方々とも出会いがあり、素晴らしいコンサートでした。プロデュースした深江ゆかさんのコンセプトや信念が素晴らしく共感しました。藤原和矢&ラマンダ、カルテットの素晴らしい伴奏で歌え幸せでした。

■2015年12月5日
 <笠間の昭和山荘ライヴ>
 10年ぶりの山荘でしたが、いつの間に10年が過ぎたのかしらと思うほどあっという間の10年でした。
杉田御夫妻にはお孫さんができ、それ以外はなんにも変わってなく懐かしい昭和山荘でした。
土肥弘明さんのクリスマスメドレーピアノソロで始まり、懐かしいナンバー(シャンソンやカンツォーネ、ラテン)を歌いました。マダム伴子の辻馬車&アルチュール夫人は、皆さんの(笑)をとりました。歌うたびに味が出てきてます。ファドの暗いはしけやマリアリスボア、生きる、人生は美しい、愛の讃歌、セ・シ・ボンとリクエストのナンバーを歌いました。終演後、打ち上げではいろいろな方々と楽しいおしゃべりに花が咲きました。高校の同級生えいこちゃん、槍崎先生の奥様さとこさん、杉田範子さんありがとうございました。

■2015年11月26日
ホテル大観荘ホテル
<名月と宴の夕べディナーショウ>
 日本三景の松島、高台にあるホテルでの絶景の中で、シャンソンディナーショウでした。あいにく雨でしたが、まるで墨絵の中のような海を見渡しながら歌いました。シーンとした緊張の中で、思う存分に歌えたショウでした。海の歌も入れ、人生は美しいから生きるではハンカチを目に当て味わって頂きました。温泉に入り、宮城県の海の幸に舌づつみをうち最高の一時でした。山下淳さんのピアノも絶賛され、また、来年もと希望されました。帰宅当日も露天風呂に入り、気持ちよくなり、仙台ではギャラリーふぉーゆうさんのサロンに行き、華やかなサロンでコーヒーを頂き素敵なサロンにびっくりでした。ドレスも沢山ありました。


■2015年11月25日
<姫路SEikoCluB青木Fukiシャンソンの夕べ>
ディナーショウから
 ピアノ大貫祐一朗さん。マダム伴子プロデュースで、今回三回目お馴染みのお客様や新しいお客様で楽しいショウになりました。マダム伴子のアルチュール婦人は、皆さんの楽しんで笑顔になっている顔が沢山見えました。あたしも16曲を前半「愛」をテーマに、後半は「人生」をテーマにしたショウでした。打ち上げは姫路で有名なキャベツという鉄板焼きで、最高に美味しいものを沢山頂きました。今日は松島だー

■2015年11月24日
<バルバラ出演>
 共演金子睦さん、丸山康子さん、ピアノ山下淳さん。
丸山康子さんのjazzナンバーはカッコイイ、声が好きでした。明るい性格も素晴らしい。
金子睦さんは何回か共演したと思いますが、とてもエレガントで女性の柔らかさが歌に溢れていて男性ファンが多いのがよくわかりました。

■2015年11月21日
<日立ブーケライオンズ主催子供たちのために>
ゆうゆう十王・Jホール
 570人満席の素晴らしいコンサートでした。一部は地元のゴスペルコーラス、弦楽三重奏、
二部にあたしのシャンソン&カンツォーネ。
ピアノは豊嶋裕子さん。
 真っ赤なブレザー姿のブーケライオンズのマダム達の機敏な活動に胸うたれました。
照明や音響も素晴らしく、気持ちよく歌えましたありがとうございました

■2015年11月19日
<ヴィラージュ出演>
 今夜は、素敵な空間で贅沢な一時でした・・・
「あきれたあんた!」、まるで映画のようでした。
ミモザの島も、難解なメロディーが素直に入り込み、切なくなりました。


■2015年11月13日
<シャンパーニュ出演>
ピアノ砂原嘉博
 共演は川島豊、小林雅子。
川島豊さんのバルバラナンバーは素晴らしく堪能しました。小林雅子さんは楽しいナンバーが絶妙に上手くよかったです。

■2015年11月12日
<秋の詩愛を歌う>ラドンナ(原宿)
 出演11名、個人レッスンの方々でしたが、華やかな発表会でした。難しいナンバーを熟成させて歌いこんだシャンソン、にわか仕込みに歌われたシャンソン、ハッキリとステージに出ました。発声の大切さと歌いこんだ歌を歌う、これがやはり重要だなと感じました。

■2015年11月11日
<ボンジュールクラス発表会>
 ラドンナ原宿11人出演
 発表会というよりライブという位レベル高いライブになりました。各々の持ち味が充分に出ていて、衣装もトークも素晴らしい会でした。
ピアノショーン星野さん、バオリン吉久亜紀さんの伴奏も素晴らしく、皆さんの歌が映えました。

■2015年11月3日
<二子玉川&読売カルチャー恵比寿合同発表会銀座sola>
 26人の見目麗しきmadamたちとジェントルマン1人、ショーン星野ピアノ&店網邦夫さんのベース
対抗歌合戦のような空気漂う会場SOla、緊張のなかにも楽しんで歌われてる姿に感無量でした。特に二部の出演の方々は、じっくりと聴かせる見事なステージでした。衣装も皆さん魅せる素晴らしい発表会でした。打ち上げでは、合同打ち上げで皆さんお友達になり、楽しいおしゃべりで盛り上がりました。お疲れ様でした。ショーンさんと店網さんは本当に優しい方たちで、いろいろな場面でホローしてくださり感謝します。

■2015年11月1日
<西武カルチャー発表会原宿ラドンナ>
 ピアニストは豊嶋裕子さん、バオリン吉久亜紀さん。
20名の出演でしたが、素晴らしく成長した方が沢山いました。伴奏がちゃんと聞けずリズムが走るかたも何人かいましたが、あとは皆さんの歌唱の素晴らしさに泣けてきました。こつこつ日頃レッスンしてきたことが見事に花が咲いたように感じました。

■2015年10月31日
<銀座SOla小笠原啓ソロライブゲスト出演>
 友情出演に橋本文代さん。
満席のSOlaでした。ピアニスト豊嶋裕子さん、バオリン吉久亜紀さんの奏でる伴奏で、小笠原啓さんの歌にお客様は楽しんでいました。この日のためにレッスンしたシャンソンの数々、素晴らしく歌い上げブラボーでした。ロシアの歌鶴は、あたしのソプラノコーラスをいれ鶴の泣き声となり皆さん涙を拭ってました。節目節目で、ライブを開催しまとめてる小笠原啓さんの向上心ある前向きな姿勢に感心してます。

■2015年10月27日
<バルバラ出演>
 共演は星野羽菜さん、秋山百合さん、ピアニストは山下淳さん。
初じめてのシャンソニエデビューの秋山百合さん、ゆったりとした雰囲気でシャンソンナンバーを歌い素敵でした。我が故郷はアダモナンバーをフランス語で哀愁を込めて歌いよかったです、華やかで素敵な星野羽菜さんも魅了するステージでした。千葉美月さんもバルバラナンバーを歌い素敵でした。

■2015年10月18日
<喜寿記念 向井承子いのちを歌う>
 アートカフェフレンズではゲストとして歌いました。向井さんの説得力ある歌唱は素晴らしかったです。ご自分で訳詞なさったナンバーも凄く素敵でした。さすが作家さん。言葉のひとつひとつがなるほどだなあと感じました。パワフルでかつ柔軟で素晴らしい歌声でした。豊嶋裕子さんのピアノと福森隆さんのバイオリンの伴奏も盛り上げて下さり、アコーディオンの鳥海涼子さんも素晴らしかったです。友情出演のタマーラさん関谷苑子さんも華やかなステージでした。ロシア語あり、フランス語あり、スペイン語ありのquality高いライブでした。座りきれないほどのお客様で皆さん大変お喜びになり嬉しかったです

■2015年10月21日
<蛙たち出演>
 ピアノ砂原嘉博さん。
10/22は朝起きられないくらい、疲れました。一曲一曲にすごーいパワーが入り、歌うことの楽しさと素晴らしさを感じたステージでした。ピエールさんの「グラナダ」も素晴らしく圧巻でした。サラさんもパリジェンヌの雰囲気があり素敵でした。

■2015年10月17日
<シャンパーニュ出演>
 水戸教室から小池郁子さんが出演し、二回、三回ステージは素晴らしい歌唱でした。唯文さんとは久しぶりの共演でしたが、やはり素敵でした。高岡龍二さんと未来さんも爽やかでした。

■2015年10月15日
<凡ライブ>
 ピアノ大貫祐一郎、二回ステージ15曲熱唱しました。
リクエストのアラビアと灰色の途は、緊張の中で自分なりにかなりハートフルに歌えたと思いました。大貫さんのピアノもあたしの表現に素晴らしい伴奏を奏でてくれました。
マダムじゅんさんも喜んでくれてよかったです。

■2015年10月5日
<ラカマラードコンサート>中野芸能小劇場
 土肥弘明さんのピアノ、吉久亜紀さんのバイオリン、大津さんのベースでの素晴らしいコンサートでした。出演の皆さんの歌唱に聞き入りました。客席も満席で熱い視線と拍手で、私たちもステージに熱が入りました。

■2015年10月2日
<ヴィラージュ出演>
 三浦高広さんのピアノ伴奏は素晴らしく歌いやすく、いつも歌っている歌でも、新鮮な感じで歌えます。目崎千恵子さんの素晴らしい歌声とブラジルの曲を訳されて新鮮でした。

■2015年9月29日
銀座SOla
<秋の始まり四人ライブ>
 上村友子さんと木目田加代子さんはまだ、1年半のレッスンですが、堂々としたステージでした。上村さんの「あきれたあんた」は素晴らしく、切なさと女性の強さがでてました。木目田さんは、どの曲も木目田ワールドがあり、シャンソンらしく素敵でした。河西美佐さんも浜松からレッスンに通い、すごーく歌唱力がついてきてすべての歌声がブラボーでした。日下泰子さんは高音の曲と低音の曲を使い分け、御自分の持っているすべてを素敵に表現してました。ピアニスト豊嶋裕子さんバイオリン吉久亜紀さんの伴奏も素晴らしく、お客様は皆さん喜んでくださり、あたくしも大満足のライブでした。

■2015年9月25日
<シャンソネットライブラマンダ>
 香川有美さんとは、シャンソニエでは初共演で楽しみにしてました。やはり素晴らしいステージでした。特にファド感動しました。小川景司さんと井上京子さん、どちらも素晴らしいステージでした。

■2015年9月19日
<シャンパーニュ出演>
 共演の加奈子さんのCDアルバム発売を兼ねての出演でした。熱唱ステージでした。
麻生恵さんのダイナミックナな歌唱も久しぶりに聴けて良かったです。

■2015年9月17日
<バルバラ出演>
 共演の中村芙美さんのバルバラのナンバーは大好きです。時々、バルバラに声が似ていてまるでバルバラがそこにいるかのように感じます。南口順子さんの情熱的な歌唱も素敵でした。

■2015年9月16日
 すっかり秋ですね。先日、銀座のYAMAHAホールでフジ子ヘミングさんのピアノリサイタルに行ってきました。橋本文代さんがチケットをとってくださり、念願のコンサートだったフジ子さんのピアノに感極まる一時でした。涙があふれて止まらなかったです。ピアノの音色で泣くことはなかったですがいつかNHKでドキュメンタリーをしていたフジコさんのラカンパネラを聞いて、涙があふれたのを思いだしました。いつか生でコンサートに行きたいと思ってましたが、やっとかないました。そしてやっぱり素晴らしかった。衣装も自由なフジコさんならでは、ヘアにも不思議な飾りがでもあっていて本当に可愛いい方だなあと思いました。私は私の精神が溢れそれが演奏にすべて奏でれていましたブラボー

■2015年9月3日
訃報
 西武カルチャーの矢口まりさんが亡くなりました!
あまりにも突然でショックでした。52歳でした。歌っているときが一番幸せといつもあたしに言ってました。この秋の発表会も枯葉を選曲してました。いつも前向きで笑顔の可愛いいまりさん
安らかにお眠りください
御冥福を祈ります

■2015年9月5日
<青木FUKIドラマチックコンサート>
 徳川ミュージアム(水戸)野外コンサート
とにかくお天気が良くなり、無事に大盛況に終えほっとしています。
300人の方がいらして下さいました。芝生の上に椅子を並べ、あたしの歌を楽しんで頂きました。シャンソン、ラテン、タンゴ、ジャズとプログラムを明るく楽しく組み合わせました。歌の合間に森からひぐらしの鳴き声が聞こえて、あたしの歌にハーモニーをつけてくれました。感激。野外コンサートならではのハプニングに皆さん微笑んでました。高校時代の同級生や懐かしい方々も沢山いらしてくださり、感謝感激の1日でした。皆さんありがとうございました。
ピアノはショーン星野さん、ベース店網邦雄さん、ドラム原田佳さんもノリノリの演奏で、素敵でした。徳川ミュージアム、市会議員の渡辺さん、水戸市役所の皆さんありがとうございました。

■2015年8月30日
<池之端スペースQui>
 人生を唄う
清水裕子さん、佐藤弥寿子さん、田村きよさん、柳田政子さんの西武カルチャー仲間四人のライブ。サブタイトルは、勝手にほんわか四人ライブとつけました。
シャンソンに出合い、歩んできた各々の人生をシャンソンに載せて歌い素敵なライブでした。
ピアニスト土肥弘明さんとバイオリン吉久亜紀さんの素晴らしい伴奏に、皆さん酔いしれて歌いました。可愛いい四人です。とてもいとおしいく感じています。鰻での打ち上げも楽しかったです。

■2015年8月26日
<銀座ソラディナーショウ>
 初めての空間でしたが、とても素敵なSOlaでした。ピアノは砂原嘉博さん、華麗なタッチ、時には激しく、時には繊細に素晴らしい伴奏演奏でした。ディナーも美味しかったと評判でしたね。
満員のお客様で、ありがとうございました。

■2015年8月23日
<生誕100年エディットピアフに捧ぐ>内幸町ホール
 10人の歌姫プラス青木Fuki
素晴らしいコンサートでした。私のプロデュースでしたが、日々のレッスンを重ねた結果の成果が出てました。緊張のために小さなミスは少しありましたが、それぞれ素晴らしい歌声でした。大貫さんのピアノがまたまた素晴らしく、細やかなところまで繊細に奏でて美しかったです。ベース&ドラムの和田さんドラムの金子正則さんも素敵に奏でてださりました。
会場一杯のお客様ありがとうございました

■2015年8月9日
愛媛県松山でのライブ
真夏の昼下がり LiVE
ブラッセリー&ワイン
<グランクリュ出演>
 ピアニストは栗田敬子さん。
スゴーク素敵な雰囲気のグランクリュでのシャンソン&カンツォーネのライブ。
お客様も素敵でおしゃれなmadamたちで男性はお二人でした。一曲ごとにため息や喜びの声をあげてくださり、あたしもその空気感から気持ちが入り、魂のシャンソン&カンツォーネライブだったと思いました。ライブが終えてから頂いたシャンパンは最高でした。
 ピアニストの栗田敬子さんとも息がピッタリ合い、歌えました。また皆さんとお会いしたいです。本当にありがとうございました。
 その日夕方は、北九州小倉に行き友人と北九州のお魚料理に舌づつみをうち、オシャベリに花が咲き、楽しい夜を過ごしました。新幹線で小倉から東京駅に向かってます。

■2015年7月31日
<ヴィラージュ出演>
 共演は野崎由美子さん。明るい性格の野崎さん、まわりを楽しい雰囲気にしてくれます。
目崎智恵子さんと三浦高広さんのデュエットはさすが最高です。息のあったご夫婦の素晴らしいデュエットでした。
 野崎由美子さんのオリジナリルの歌もニューヨークに暮らしている雰囲気を感じさせてくださり、素敵な歌でした。
あたしもいろいろ歌いましたが、涙をながしている友人や生徒さんに感動を与えられた喜びを感じました。ピアニストの三浦高広さんの伴奏は本当に素晴らしく、歌う気持ちを見事に感じてくださり、歌詞にあった音を奏でてくださいます。
素晴らしいです。

■2015年7月30日
<蛙たち出演>
 Specialソロライヴ
 昨夜は暑い中満席のお客様ありがとうございました。
あたしも凄かった。
もう一人のFUKIがあばれだした感じの夜でした。
沢山のファンのかたがあたしの歌に何かを求めていらして、あの熱帯夜に銀座までいらしてくださることにあたしのすべてを歌で応えたい気持ち で一杯でした。
ピアニストの砂原嘉博さんも素晴らしい伴奏でした。
ありがとうございました

■2015年7月28日
<バルバラ出演>
 共演は渡邉嘉子さん、月宮たづ子さん。
お二人とも素敵なmadamで歌にお人柄もでてらして、なんともいえない感じのいいバルバラでした。月宮さんは何度かレッスンをしたことがありましたが、久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。渡邉嘉子さんは先日オーチャードホールで共演しまして、楽屋でもいろいろなお話をして素敵なかただなあと感じてましたが歌にすべてでてました。

■2015年7月25日
<八千代パリ祭>
 三回目の出演でしたが、クオリティ高い素晴らしいパリ祭だったと思いました。男性歌手三人女性歌手5人、ゲストにかいやま由起さん。
ミュージシャンはピアニスト城所潔さん、チェロ蒲谷克典さん、シンセに宮本一さんと素晴らしい伴奏に気持ちよく歌えました。満席の500人のお客様も満足してらっしゃいました。八千代パリ祭実行委員会の皆様もお疲れ様でした。皆様のお陰で我々歌手たちは素晴らしいステージで歌うことが出来ます。
本当にありがとうございました。

■2015年7月18日
<シャンパーニュ出演>
 千葉のパレット教室の堀田ゆき子さん初出演でしたが、堂々としたステージでした。どの歌も丁寧に歌い、素晴らしいの一言です。発声も良いし、リズムも良いし、情感たっぷりの表現力、選曲も良かったです。ドレスも三回とも素敵でした。安心して聴いていました。応援のパレットの仲間たちも遠い所ありがとうございました。
共演の澪麗花さん高岡龍司さんも素敵でした。

■2015年7月10日
<ヌーボパリ祭>ヌーボパリ祭大阪公演
森ノ宮ピロティホール
 昨夜、大阪の歌手の6人の方々、東京から5人の歌手が一部に出演。二部はジュリアンドレ。二部は客席であたしも半分ぐらい聴きました。低音の魅力と歌うときの計算された動作が素敵だなと思いました。大阪の歌手の方は皆さんにフレンドリーで、感じのいい方々で打ち上げではすっかりお友達になり、いつかの共演を話したりしました。ジュリアンドレは今日Franceに帰りました。ホテルの朝食ビュッフェでサラダバーでお皿に取ってる姿をみかけましたが、あたしには可愛いい坊やに見えて昨夜のセクシーなステージ姿とのギャップを感じて微笑むあたしでした。
8時に、かいやま由起さん、渡辺歌子さんとあたしの三人で見送りましたが、ほんの短い間でしたが涙ぐんでしまいました。バンドの皆さんもジュリアンドレさんも握手をしてオーボアFrance戻ってすぐ大きなコンサートだそうです。人気がすごいらしいです。
オーチャードホール&森ノ宮ピロティホール
にいらしたらお客様ありがとうございました。

■2015年7月8日
<ヌーボパリ祭>オーチャードホール
 一部に出演のあたしは、パトリシアカ[ダルマーニュ]をいとしのリリーマルレーンで歌いました。ドイツ語のリリーマルレーンで始まり、あとはロック調に歌い上げました。気持ち良かったです。ドレスも皆さん誉めてくださり良かったです。ドレスは、ロサンゼルスから届いたばかりでし、昨年暮れにサイズをはかり、作っていただいたのでチャックがあがるかどうか心配でしたが、無理矢理押し込めました(笑)
 ゲスト歌手のジュリアンドレさんは、まさにフレンチロックでしたね。オーチャードホールはライティングや音響でロック会場ノリノリの雰囲気でした。
お馴染みのシャンソンナンバーもドレさんなりの歌いかたでした。

■2015年7月5日
<水戸プラザホテルランチショウ>天の川に願いを
 ピアノ山下淳、シンセ宮本一。
水戸一番素敵なホテルでのランチショウ。会場にはステージ横に竹のオブジェ(本物当日採ってきた)ステージ上は、七夕にちなんだお花を活けたセンスいい生け花、ランチメニューも素晴らしいし最高の環境のなかで、薔薇色の人生から7曲、衣装替えの間、山下淳さんアレンジの星のメドレー演奏。ギリシャの歌遥かなる銀河、フライミィトゥザムーンを歌い、後半はタンゴとオリジナル曲2曲シャンソン等歌いました。あまりにも会場のお客様が、真剣に聞き入りられてたので気持ちが入り、あたしもミュージシャンも素晴らしい演奏ができました。
会場満席。高校の同級生金成悦子さんのご協力に感謝します。

■2015年6月28日
<水戸カルチャー発表会>
 ピアノ豊島裕子さん。
皆さん、素晴らしい歌唱でした。初めての方は、やはり緊張して小さなミスがありましたが、ベテランの方々は素晴らしく、お客さんになりあたしも楽しみました。

■2015年6月12日
<凡ライブ>
 二回目の凡昼ライブ
ピアニスト砂原嘉博さんの華麗でジャージーな伴奏で、オーナーのじゅんさんが華やかな響く歌声でカンツォーネ&シャンソンをそして二回ステージのFUKIワールドを聴いて頂きました。前回から引き続き入らしてくださりました沢山のお客様に感謝します。

■2015年6月11日
<キャピタル東急5周年記念>
 フランスからの有名シェフとホテルの総料理長とのコラボで夢のようなひとときを過ごしました。大好きなフォアグラはフランスからの食材に堪能しました。ギィマルタンさんはパリで250年つづくレストランのスターシェフですが、あのナポレオンが通われたレストランでジョセフィーヌにナポレオンがプロポーズしたレストランでもあり、いまだにそのまんまレストランがあり続いていることに感動しました。至高の晩餐を頂きました日頃の疲れがとれました。violin&ピアノの生演奏、オペラ歌手の素晴らしい歌声、キャピタルホテルでのディナーショウいつかしたいと思いました。洗練されたおとなの空間が素敵なホテルです。大里美代子さん、ありがとうございました。


■2015年5月29日
<ボンジュールライブ>
 花井研さんのピアノは数十年ぶりでしたが、予定してた曲数は歌えず、半分どうにか歌いました。共演の正木さんと宮崎さんに頑張って頂き、お客様でいらしてた朝比奈ももさんと向井承子さんにも歌って頂きました。あたくしの体調管理の悪いせいで、皆様にご迷惑かけましたので6/25ボンジュールで今回いらしたお客様は無料で、またなおします。今回の風邪はしっかり喉にきてしまい、悔しい・まだ咳が止まらなく本当にイライラしてます。

■2015年5月27日
<バルバラ出演>
 共演は牧澤友也、小笠原啓
満席のバルバラでした。懐かしいお客様がみえたりして、嬉しくなりノリノリで歌いました。小笠原啓さんも緊張してましたが、美しい声を聴かせてくれました。
二週間前から扁桃腺が腫れてしっかり声がでなくなり、悩まされました。

■2015年5月22日
<ピギャール出演>
 ビアニストの原英彦さんとは初めてでしたが、音色があまりにも綺麗で、聴き惚れてしまいました。共演は佐竹律香さんと青木真由子さん、お二人ともスタイル抜群で美人、女のあたしも見とれてしまいました。神長madamもバワフルで元気をもらいました。

■2015年5月21日
<パレットspecialライブ>
 共演は石原正子さん、ピアニストは長南和道さん。
満席のパレットでの久しぶりのライブでしたが、お客様ほとんど歌の勉強をしてるかたばかりでした。熱心に聴いて下さりあっというまの時間でした。ピアニストの長南さんとは初めてでしたが、素敵な伴奏で気持ちよく歌えました。石原さんも緊張のなかで落ち着いて歌い、初ライブとは思えなく素敵でした。エターナリー好きでした。

■2015年5月19日
<タンゴナイト>
 京谷弘司タンゴトリオ+青木Fuki
 神楽坂にある素敵なライブホールTheGlEE
熱いタンゴライブとなりました。あたしも久しぶりのタンゴを歌うにあたり、スペイン語が噛まないように2、3日前からtrainingしましたがやはりかんでしまいました。ハートフルには歌いました。二部はアストルピアソラナンバーを続けて4曲、新曲の「忘却」は、今日譜面ができてきてリハーサルからドキドキでしたが、終演後お客様からとても良かったとお誉めいただき嬉かったです。それにしてもviolinの会田桃子さん、ピアニスト淡路七穂子さん、日本を代表するタンゴの音楽家ですね。ピアソラから誉め称えられた京谷弘司さんのバンドネオン圧巻でした。こんな素晴らしい音楽家のかたに伴奏をしていただき歌えることに感謝します。
お客様も満席でありがとうございました。

■2015年5月16日
<シャンパーニュ出演>
 矢田部道一命日月ということで矢田部道一の詩を歌う。
共演の直江康子さん、明るい人柄で愛されキャラにピッタリのアダモナンバー「私の人生」そして今回ステージで私のハートに響いた「雨のブリュッセル」素敵なステージでした。これからは声量をもっと鍛えると、なお素晴らしくなると思いました。あたしはムッシュとの思いで深いナンバーを選曲しましたが、つくづくムッシュ矢田部の天才的な訳詞そして作詞に感服しました。天国のムッシュありがとうございます。

■2015年5月8日
<布施明さんコンサート 国際フォーラム>
 布施明さんはやっぱり、素晴らしい歌手でした。国際フォーラムで50周年コンサートで3時間歌いっぱなしでしたが、とにかく素晴らしい声、歌えば、歌うほど輝いて出る声でした。デビューの17歳から50年間歌ってきた人生の歩みのナンバー、懐かしい曲が沢山ありました。外国曲では、アルゼンチンタンゴの「ノスタルヒアス」カンツォーネからは「カルーソ」どちらも布施明さんがご自分で詞を書かれてました。「素晴らしい」の感想しか言葉がありません。音楽監督、アレンジとピアニストは井川さん。井川さんは25年前に青木FUKIのリサイタルのピアノとアレンジをしてくださいました。今夜のアレンジも素晴らしく良かったです。終演のあと片岡道子さんのお陰で、布施明さんとの写真も撮らさせていただき感激でした。是非、布施明さんのコンサートに皆さんで行きましょう!
大満足のコンサートでした。


■2015年4月21日
<シャイン出演>
 共演は鈴木雅子、山口伊知子、ピアニストショーン星野さん。
座りきれない満席のシャイン熱気で凄いライブでした。
鈴木雅子さんの安定した声が深く鳴り響いて、素晴らしい歌唱でした。日頃の熱心な発声に対しての勉強の成果がでました。ブラボー。山口伊知子さんも長年歌われてきたキャリアがステージ歌にでて、安定感のある歌唱でした。あたしもノリノリになり魂から熱唱!お客様も大満足でお帰りになりました。

■2015年4月18日
<シャンパーニュ出演>
 共演は長島みゆき、ピアニスト豊嶋裕子さん。
新曲の「あきれたあんた」をレッスンして間もないなか歌いましたが、歌いこみをもっとしてから聞いてみたいと思いました。パンチある声なので、パトリシアカースナンバーはかっこ良かったです。
若林康子さんのスペインの夜が素敵でした!いつもながら楽しいMCでした。

■2015年4月12日
<シャンソン&カンツォーネ発表会>
 12人の素晴らしい歌声が恵比寿アートカフェフレンズのホールに響きました。昨年開講した高円寺のボンジュールクラスの9人と個人レッスンの3人のメンバーでしました。個性豊かな皆さんでした。入らしたお客様が皆さん来て良かったと言ってくださいました。緊張してたかたもいましたが、皆さん本当に本番素晴らしい歌唱でした。シャンソン&カンツォーネの他にもロシアの歌やタンゴもありピアニスト砂原さんとviolinの吉久さんの伴奏で華やかなステージとなりました。八汐由子&オレオのシャンソンはブラボーの嵐でした40年も歌一筋とはいえシャンソンは6カ月ですが、歌唱力抜群でした。オレオ_(盲導犬)がじーっと聴いているすがたが、なんだかめがしらが熱くなりました。座りきれないアートカフェフレンズ。あたしも大満足でした。素敵なドレスもまるでフッションショーさながらの美しい姿でした。あたしもカンツォーネ愛に生きる、もう貴方に愛を語らない、メアキュルパを歌いました。打ち上げも楽しいひとときでした。
皆さまお疲れ様でした。

■2015年4月4日
<六本木シャンソンフェスティバル>出演
 俳優座劇場であたしは二部にシルビーバルタンの1970年代の〔DISCOqueen〕とピアフの〔メアキュルパ〜懺悔〜〕を歌いました。満席の俳優座劇場、楽しい夜で松原るり子さんの歌に合わせた衣装とヘアメイクのこだわり素晴らしい意識に脱帽しました。楽屋でも和気あいあい皆さんと楽しいひとときでした。

■2015年4月3日
<シャンソネットライブ自由が丘ラマンダ>出演
 共演の広瀬敏郎さんとははじめてのライブ共演でした。トークが楽しく皆さん楽しんでいました。米田まりさんとも久しぶりの共演で、オリジナルの歌を歌われ、まりWORLD素敵でした。Cazuさんギター弾きながらフランス語で若さ弾けるステージでした。

■2015年3月31日
<蛙たち>出演
 久しぶりのソロライブでしたが熱唱しました。新曲やリクエストもありましたが、どの曲も自分では良かったと思います、元ツイストの「ふとがね金太」さん作詩、作曲ゴダイゴのキーボード竹越さんがつくってくださった「Everymoment of my life」を歌い始めたら急に真っ白になり歌詞が飛んでしまい見て歌うことになり、みっともないことになりました。自分の精神力の弱さに腹が立ち眠れないよるでした。作詩作曲家を目の前に本当に情けない申し訳ない事をしました。反省です!

■2015年3月24日
<バルバラ出演>>
 共演は小笠原啓さん。素晴らしい声でのシャンソンやカンツォーネを歌いましたが、ステージに慣れる練習が必要と思いました。沢山のお客様御呼びして頂きましてありがとうございました。
のむらゆうこさんの不思議な世界の感じが素敵でした。

■2015年3月21日
<シャンパーニュ出演>
 青木姉妹ライブ
 祭日ライブということもあり静かなシャンパーニュでしたが、MAIKOさんの華やかなステージといつものパワフルFUKIでした。未来さんと斉藤裕さんも素敵なシャンソンでした。

■2015年3月8日
<青木FUKIパレット教室発表会2015>
ユーカリが丘ウィシュトンホテルユーカリ5F
 ピアノ砂原嘉博、violin吉久亜。
16人が出演し、2曲づつ歌いましたが、見事な発表会でした。一年半前にスタートした教室グループレッスンと個人レッスンで、こんなに上手くなられ感無量でした。素直で明るい皆さんだからここまで成長したのだなあとつくづく感じました。個性をころさず特性に替えひとりひとりのレッスンを積み重ねてきました。今日は皆さんブラボーでした。
パレットの茅野さんの陰で支えて下さったお力も感謝します。ありがとうございました。165人のお客様のお帰りになるときの笑顔に嬉しくなりました。打ち上げも皆さんとのおしゃべりも楽しく本当にいい発表会でした。


■2015年2月27日
<初めての仙台ライブ>
 宮城県栗原郡栗駒で生まれ育ったあたしは、宮城県は故郷。今、ある姿は栗駒山や美味しい空気や水で育った賜物です。
ライヴハウス「スターダスト」、100人位のキャパの素敵な空間で、シャンソン&カンツォーネ&タンゴを20曲歌い、感無量でした。
 お客様もオシャレで、素敵なマダム達や紳士でした。一部は床の手入れがよろしくてスッてんと転んでしまいましたが、逞しいあたくし、何のその歌に影響はありませんでした。
 ありのままのあたしを見て聴いて頂きたく、全てを出しました。山下淳さんの繊細な音やダイナミックなピアノも素晴らしかったです。選曲に悩みましたが良かったです。とにかく大成功でいらした方々とスタッフに感謝します。

■2015年2月24日
<バルバラ出演>
 共演は夏川美沙さん、山本智子さん。
夏川さんの男の人生は印象的で素敵でした。山本さんは発声をもっとレッスンしたほうがいいと思いました。二部の「心遥かに」の繊細な歌いかたは素敵でしたが、全体としては声量がたりないかなと思いました。

■2015年2月21日
<シャンパーニュ出演>
 共演は西澤節子さん。
三回のステージで華やかなステージ衣装で登場し、ステージ慣れしてきましたが、発声をもっと緻密にレッスンしたらいいかなと思いました。

■2015年2月18日
<八芳園の白鳳館でのパーティ>
 土肥弘明さんのピアノで幕が開き、10曲のシャンソン&カンツォーネ&タンゴを歌いました。エレ懇親会の新年会は、皆さん会社の社長さんがたばかりで、中には南米に会社をお持ちのかたがたも沢山いらして、ラテンやタンゴに郷愁を感じたと絶賛されまして持参したCD全て売れました。幹事の菊池さんに感謝します。岡田さん(生徒さん)にも感謝します。マネジャーと世話がかりをしてくれました。有難いです。先生の為になりたいと言ってくれた言葉、涙が出ました。ありがとうございました。

■2015年2月15日
<青木FUKIランチショー>
 一部にあたしのお馴染みのナンバーのシャンソン&カンツォーネを鮮やかなオレンジとピンクの柄模様のドレスで歌いました。歌いこんでる歌で、まるで神が降りてきてみたいな衝動を感じるような言葉の一つ一つをかみしめ魂が入ってた私でした。二部は小澤征爾さんの秘蔵っ子でもあられるViolinの豊島康嗣さんと、伴奏に藤田雅さんの演奏は素晴らしいかったです。なかなか間近で超一流のアーティストの演奏は聴くチャンスがないので皆さん大喜びでした。
 二部は黒いドレス痩せて見えるという感想をいただきましたが、ピエールバルマンのドレスを着ました。シルエットや素材が半端なく美しいドレスでした。もとツイストのふとがね金太さんが作成した曲〔Every moment of my love〕カッコイ曲なのに作詞が、ほのぼのした日常に愛の感謝をしている曲でした。金太さん入らしてくださりありがとうございました。〔愛のコンチェルト〕、〔もう貴方に愛を語らない〕の発掘の松本英彦さんと訳詞と作詞の冴理さんも入らしてくださりありがとうございました。素敵なシャンソン&カンツォーネです。とても気にいっ てます。
 お料理もとても美味しいと評判でした。あたしの伴奏をしてくださりました、大貫祐一郎さんもいつもの華麗で繊細なピアノでした。
ありがとうございました。

■2015年1月30日
<蛙たち出演>
 雪が昼に降りましたので、夜は皆さん出掛けるのはちょっとなんて、心配しましたが沢山のお客様ありがとうございました。
文太郎さん、ピエールさん素晴らしい歌声でした。

■2015年1月27日
<バルバラ出演>
 共演RIO、のむらゆうこ
初めての共演のむらゆうこさんの世界は、なんともオリジナルの作詞・作曲は素晴らしかったです。癒し系の曲は人の心を和ませてくれます。
3月のバルバラ出演でまたご一緒します。

■2015年1月26日
<八千代台凡ライブ>
 昨年にオープンしたジャンルにこだわらないライブの空間のおしゃれな凡。
関本純さんレッスンもしたりして師弟関係にもある明るくフレンドリ〜なじゅんさん。
満席のお客様でした。
地元のかたがたにも解りやすいシャンソンやカンツォーネと馴染みのナンバーをシャンソン通のかたがたも沢山いらしたので、あたしの好きなシャンソンやカンツォーネやタンゴを歌いました。ピアニスト砂原嘉博さん!素晴らしい演奏と伴奏でした。

■2015年1月24日
 訃報のお知らせ
 二子玉川カルチャーの始まる前に生徒さんの近藤啓子さんのお嬢さんがいらして、近藤啓子さんが昨年の12/25に亡くなられたことを話にいらっしゃいました。発表会のあと腰痛が悪いので少しお休みしますと事務所に連絡ありましたが、あたしがメールしても、返信がなかったので心配してましたが、昨夜は悲しくて悲しくて朝まで眠れなく、あれやこれや想い出にくれてました。11/1星陵会館や12/6のアートカフェフレンズでは素晴らしい歌声を発表していた近藤啓子さん。北九州まであたしのコンサートにいらしたり、ライブにはかかさずいらしてくださっていた優しい近藤啓子さん。あのパワフルな高音を思いっきり出して歌っていたのに、なぜ?天国でも歌い続けているでしょう。最愛のご主人のそばにいかれたのね。赤坂のスタジオレッスンのとき必ず今主人のお墓のある青山墓地に行きお話してきたのといつも言ってました。
ご冥福を祈ります

■2015年1月18日
<市川ミワライブ>
売れてからでは遅い。
タカヒー(田島隆久)のライブにゲスト出演しました。タカヒーのお人柄がステージや歌声に出てて楽しいライブでした。タカヒーの師匠の井関真人さんのお店ミワは、雰囲気ある素敵なお店でした。打ち上げもミワで井関真人さんの奥さまの手料理で楽しいひとときでした。美味しい料理ばかりで久々に胃袋が大喜びしてるそんな感じでした。とくに焼そばは忘れられなくニンニクとゆかりの味付け麺も細くもっちりでした。違う井関真人さんのお話も愉しくて笑いっぱなしでした。

■2015年1月17日
新春歌いまくるぞ<シャンパーニュ出演>
 共演MAIKO、司純、小倉浩二さん。
2015年シャンパーニュ初ライブに相応しく満席のお客様ありがとうございました。
司純さんの矢田部道一作品への愛ある想いが伝わるステージでした。「脱走兵」は胸に迫る思いでした。MAIKOの「愛のファンタジア」、「初恋のニコラ」素晴らしい歌声でしたね。特に初恋のニコラをレッスンしている方々に随分絶讚されていました。小倉浩二さんはピンクのジャケットと白いパンツと、あまーい衣装で女心をくすぐるような歌唱で
華やかに盛り上げてくれました。久しぶりの姉妹のシャンパーニュで「コマンサバ」や「愛のコンチェルト」をハーモニをつけてみましたら、大変好評でザピーナツメドレーを是非お願いいたしますとリクエストがありました。

■2015年1月12日
<新春ソロライヴ>
 成人の日の祭日でしたが、新春ライブの恵比寿アートカフェフレンズは、満席で華やかなライブとなりました。新曲も4曲あり、緊張しつつFUKIWORLD全開でした。中野裕太さんも迎え、完璧なフランス語での「地下鉄の切符売り」と「行かないで」を歌いましたが、素晴らしい表現力と歌唱でした。大貫さんと吉久亜紀さんの伴奏で新春にふさわしい華やかなライブとなりました。ほとんどの生徒さんたちも入らして下さり感謝します。
ありがとうございました。

■2015年1月7日
あけましておめでとうございます。
<レカマラードコンサート中野芸能小劇場>ゲスト出演
 二部と三部に出演。今回の出演者は皆さん素晴らしく楽屋から聴いていました。あたしの生徒さんは、長島みゆきさんと薄井美和さんが代表で出演しました。お二人とも華やかなステージと歌唱でした。



戻る

Copyright:(C) 2011, AOKI OFFICE, All rights reserved.