青木FUKI
                 ◆過去のブログはここをクリック

■2014年11月24日
<オータムコンサート2014>八千代勝田台文化センター
 一部は8人のパレットの生徒さんの一曲づつのシャンソン&カンツォーネ。
あたしは7曲歌いました。
 ピアノは大貫祐一郎さん、300人の会場満席の中、素晴らしい生徒さんのステージでした。リハーサルで心配なかたもいましたが、本番は皆さん良かったです。
1年前の出会った時より数段上手になってましてとても嬉かったです。
ドレスもスゴーク素敵でした。
二部はタンゴのコンサート。
京谷弘司クワルテートの演奏
アルゼンチンタンゴのダンスにギジェルモ&間々田佳子、歌は青木FUKI。
素晴らしいタンゴの演奏とダンスと歌に会場の熱気はMAXでした。初めてタンゴの音楽を聞いた、ダンスを見たと感激してたお客様が多く、プロデューサーの茅野敦子さんも喜ばれてました。一部のシャンソン&カンツォーネの大貫祐一郎さんとの伴奏で楽しんで歌えました。

■2014年11月21日
<蛙たち出演>青木FUKIスペシャルライヴ
 共演:ダンテス(高木椋太・ピエール・蔵人)
 ピアノ:砂原嘉博
 ダンテスのハーモニーは素晴らしく、この夜は出演ではなくお客様でいたかったです。イルディーボに負けない位素敵でした。ミュージカルナンバーやカンツォーネを美しく声量たっぷりの歌唱でお客様はうっとりでした。満席の蛙たち、あたしも沢山のリクエストを頂き熱唱しました。新曲も歌い初めていらしたかたがたからは、ファンになりましたと絶讚されましたがいろいろと反省する点もあり、朝まで一睡もできませんでした。また勉強の課題が増えました。体重も増えました。あー課題がいっぱい!!
がんばろうっと。

■2014年11月15日
<シャンパーニュ出演>
 昨夜は大阪から藤本統充子さんが共演しました。久しぶりでしたが、相変わらずおしゃれで素敵なmadamです。京都のパリ野郎に出演の交渉をしました。関西はなかなかライブの機会がなかったのですが、藤本さんのご縁でかないそうです。
 ロスから甥っ子が昨夜は叔母さんのライブを聴きたいと来てくれました。就職も決まり長い人生の始まりなので、マイウェイをプレゼントしましたらうっすら涙ぐんでいました。可愛い奴だ。
矢田部道一訳詩のバルバラのゲッティンゲンを始めてのお客様が皆さんは泣いてました。素晴らしい歌詞と曲です大好きなナンバーです。

■2014年11月1日
<オータムコンサート愛の歌を貴方に>
 小雨降る日になりましたが、永田町星陵会館では22人の歌姫が熱唱しました。満席のお客様を前にひとりひとり素晴らしい歌を発表しました。今回はピアノ、ベース、ドラムそしてサックス&フルートの伴奏でした。バンドに負けない歌唱の方々ばかりの声量と技量そしてステージ姿。素敵なコンサートでしたね。司会に日下千帆さんにお願いしましたので会が引き締まり良かったです一部のピアニストがやむえぬ事情で若手の松永さんゆうへいさんに代わりましたが二部は大貫祐一郎さんでできました。一部の皆様には申し訳ありませんでした。打ち上げで大貫さんも心より謝ってくださいました。しかし本番は皆さんも松永さんも頑張ってましたし、良かったと思います。照明音響も古い会館にもかかわらず頑張って美しくそして音響も歌いやすくしてくださいました。ありがとうございました。

■2014年10月29日
<タンゴの夜 ウナカンツォーネ>
京谷弘司バンドネオン
バイオリニスト会田桃子
ピアニスト淡路七穂子
熱気溢れるウナカンツォーネ。入りきらないウナカンツォーネとなりました。
久しぶりのあたしのタンゴでしたが、京谷さんの哀しげなバンドネオンを聴いてるうちにリハーサル時にブエノスアイレスの街のなかにいる感覚になり、タンゴモードになり、いざ本番はタンゴのrhythmとmelodyがあたしの細胞に入り込み、全身全霊で歌ったタンゴの夜でした。音響も空間もスタッフもとてもいいウナカンツォーネでした。
沢山のお客様ありがとうございました

■2014年10月28日
<バルバラ出演>>
 共演は夏川美紗さん。ピアノは山下淳さん。千葉美月madam
夏川さんは千葉マダムバルバラの名曲を歌い、あたしはあえてバルバラのナンバー歌わず、素敵な初めてのお客様との出会いも楽しかった夜でした。

■2014年10月26日
<水戸カルチャー発表会>
 三の丸ホテルでの発表会。ピアノにショーン星野さん。
8人で2曲づつ発表しましたが、プロ歌手のような実力を出して歌い上げた方たちもいました。シャンパーニュやバルバラやディナーショウに出演した経験が実力に繋がりの素晴らしいステージでした。お客様の反響が凄く、びっくりしました。5年前から毎年発表会にいらしてるかたがたは本当に凄く驚いてました。ドレスも歌に合わせておしゃれでした。打ち上げも楽しい語らいでした。

■2014年10月3日
<青木FUKIお祝いパーティ>
 感無量。人生最高のパーティでした。105人のあたしの愛するファミリーに囲まれ、素晴らしいパーティとなりました。10か月かけてプランを練ってくださりました後山優子さんと西澤節子さんありがとうございました感謝します。
すべてが素晴らしく、こんなに感無量なパーティはいままでになかったので、二、三日余韻に浸ってました。本当に参加して下さった皆様ありがとうございました。

■2014年9月30日
<蛙たち出演>スペシャルライヴ
 満席の熱気溢れる凄い「蛙たち」
共演の冴理さんのオリジナル曲やJAZZの枯葉は素晴らしかったです。
愛のコンチェルトの訳詞の冴理さんにハーモニーをつけていただき、気持ちよく歌いました。あまり大勢のお客様に歌いながら酸欠になりそうでした。

■2014年9月24日
<バルバラ出演>
 共演は中村扶美さん、千葉美月さん
久しぶりの千葉美月マダムのバルバラナンバー聴きました。ご自分の訳詞だけあり、バルバラを熟知した歌唱でした。中村さんの透明感のあるあの声が大好きでした。

■2014年9月20日
<シャンパーニュ出演>
 共演はYUKi、 石丸高史
華やかな楽しいライブでした。

■2014年9月7日
<昼下がりのシャンソンライブ>
 シャンパーニュでのライブ
白井裕子さんはまだ二年間のレッスンしかしてませんが見事でした。難曲にいどみましたが頑張ってレッスンしたかいあり立派でした。松本素子さんもライブ初出演歌詞をはっきり伝え安定した音程やはり素晴らしいステージでした。表情も豊かで松本素子ファンが出来ましたね
 直江康子さん若手ですがお人柄と性格がとてもいいのであたたかいハートフルなシャンソンが今回とても伝わりました。西澤節子さんの「何故私に愛を語らない」は、8ヶ月かけじっくりと積みかたねかいあり、素晴らしかったです。とにかく4人とも素敵でした。ドレスもまるで美女コンテストのようなステージで、お客様を楽しませましたね。あたしも鼻高々でした。うちあげももり上がり飲みまくり、食べまくり楽しい日でした。ピアニストの合野典子さんにもお誉めの言葉を頂きました。

■2014年9月6日
<未来スタジオ昼ライブ>
 共演は坂井菊美・ 水沢けい・平井光子さん。
ピアニストは川口信子さん。 
平井光子さんのソプラノでの歌唱は圧巻でした。坂井さんは柔らかな声でどのシャンソンも温かく心に沁みる歌唱でした。水沢けいさんはMCも素晴らしい勿論説得力のある歌唱は魅力的でした。「ルシアン」最高でした。

■2014年9月3日
<与野シャイン>出演
 共演は鈴木雅子&山口いちこさん。
ピアニスト砂原嘉博
シャイン4カ月ぶりの出演でしたが、沢山のお客様を鈴木雅子と山口さんがお呼びしましてかなり盛り上がったライブでした。鈴木雅子さんは積み重ねたレッスンの成果を出しきりブラボーをおくります。山口さんも安定感のある素晴らしい歌唱でした。
あたしも二人に刺激を受けハートフルなステージをしました。

■2014年8月29日
<熟女たちのコンサート>魅惑の夜
 大盛況なコンサートでした。
黒川泰子さんのクラシカルなおなじみナンバーでr美しい声での「アメージンググレイス」は素晴らしかった。
 まり遥さんのどこまでも青空に届くスコーンと抜ける声は本当に素晴らしかった。声質がいいのは絶対とくですね。
 あたしは6曲。このステージで初めて歌う「今宵貴方が聞く歌は」ヌーボパリ祭で唄ったインシャラー。新曲としては「灰色の途」いままで生徒さんのレッスンはしてきましたしてきましたが、初めて歌いました。素晴らしい曲と訳し〔矢田部道一]です。大好きになりました。愛のコンチェルトはカンツォーネ今回ジャズシンガーの冴理に歌詞を訳して頂きました。松本英彦さん発掘されましたカンツォーネ、これからヒットするに違いないと確信しますFUKIの今最高に愛してる曲です。ラストに[それじゃまたね貴女]を歌いました。
 二部 は日野美子さんの軽快なjazzarrangeのセシボンで始まり〔ムッシュウィリアムズ]、[地下鉄の切符売り]などユニークなnumber素晴らしかったです。
 上月美智子さんさんのファドの女王だけあり〔暗いはしけ]の説明、そしてサンバのリズムで歌われ新鮮でした。シャンソンも味のある歌唱で素敵なステージでした。
 5人個性が違うカラーで、お客様は大満足だったと言う声の嵐でした。大きなコンサートだと1曲か2曲しか歌えないので、歌手の魅力を出せないうちに終わるので、5曲6曲くらきけると最高に満足だと皆さんおっしゃてました。
ミュージシャンの皆さんも大変だとおもいますが、曲数が多く素晴らしい演奏をしてくださいました。とにかく大成功のコンサートでした。

■2014年8月26日
<バルバラ出演>
 共演は橘比呂子さん。
ピアニスト合野典子さんの華やかなバルバラでした。女優をなさってた橘比呂子さんは真っ赤なドレスで、素敵なステージでした。あたしも真っ白なwidepantsにシフォンのオレンジのブラウスで想いでのサントロペ気分な夜でした。

■2014年8月16日
<シャンパーニュ出演> 
 久しぶりの唯文さんとの共演。浴衣姿で登場相変わらずスタイリッシュに浴衣姿も決まって甘い声でシャンソンを歌い、ご婦人方を魅惑のライブに誘ってました。平出美知子さんとは顔なじみでしたが、今回初共演で謙虚なかたで初めから丁寧な挨拶。曲はこれをうたいますがいいですかと聞いてこられました。とても気分良く感じました。共演するステージ前の挨拶というか礼儀は大切だとおもいました。うちの生徒さんにもしっかりそのことも教えなければ、ともおもいました。
マスコットボーイの斎藤裕さんの爽やかなステージも素敵でした。
平出美知子さんの深い声のホテルノルマンディカッコイイと思いました。 

■2014年8月1日
<ピギャール出演>
 共演は神長まさみさん、尾川京子さん、minaKoさん、福田さん。
ピアノは忠平隆さん。
賑やかに華やかなピギャールでした。

■2014年7月30日
<銀座 蛙たち 青木FUKIスペシャル ライヴ>
 一部と二部でタップリあたしの世界を聞いて頂きました。初めての方々も入らしてくださり、帰るときにはファンになりましたと沢山の声援と握手を求められ、あたしも幸せ者だなと改めて頑張ろうと思った夜でした。砂原さんのダイナミックでカッコイイアレンジで歌もノリノリになれました。

■2014年7月29日
<ヴィラージュ出演>
 お店に到着して看板を見てこの日は山下淳さんのピアノということがわかりびっくりしました。三浦高弘さんのお店なので、三浦さんとばかり思ってましたので。お客様も三浦さんのピアノも楽しみにいらしてたので、でも、山下淳さんとの共演は2年ぶりでとても嬉しかったです。相変わらず繊細な音色で素敵でした。共演の和田芳枝さんの歌は余り皆さんが歌わないナンバーで新鮮でした。
ヴィラージュ店主の目崎さんの個性的な歌も素敵でした。

■2014年7月22日
<バルバラ出演>
 四ッ谷クラスの方々が入らしてくださりありがとうございました。
合野典子さんの伴奏でFUKI WORLD全開でした。共演のRioさんもいつもながらカッコよく素敵でした。

■2014年7月19日
<シャンパーニュ出演> 
 共演は佐竹律香さん、小川雅子さん、エスコート若林康子さん斎藤裕さん。
雷雨のなか、たくさんのお客様にお越し頂き、ありがとうございました。
 小川雅子さんは初めてのシャンソニエ出演でしたが、堂々とした貫禄の歌唱でした。ジャックブレルのジャッキーは素晴らしい歌唱でした。共演の佐竹律香さんと関西出身で偶然にも同じ大学でびっくりでしたね。お嬢様の香りが二人にはありますね。いつも佐竹律香さんは華やかで女らしいステージを奏でてます。若林康子さんはいつも共演の皆さんを立ててくださり、本当に感じのいい方です。若林さんのシャンソンには、あたたかさやユーモアやがあり、聞く人に安らぎを与えてくださいます。大好きな歌手の1人です。若手の斎藤さんも溌剌していて明るく、すてきな歌手ですね。 

■2014年7月19日
<茨城キリスト教学園高等学校同窓会東京支部発会式>
 懐かしい先輩や後輩や同級生に会えて嬉かったです。

■2014年7月11日
<ヌーボパリ祭>
 台風もどこかへ行ってしまい心配してましたヌーボパリ祭!!
無事に開催され盛況に終えました。
 一部のルベルベッツの5人のコーラスは、素晴らしいものでした。一人一人が音大出身の実力者なので、5倍パワーですごかったですね。若くてイケメンなので人気上昇中の彼らはこの夜も黄色い声援がすごかったです。
 二部のゲストのアリス・ドナさんは、これぞ「シャンソン」という世界を聴かせてくださいくださいました。ピアノ弾き語りで素晴らしいものでした。[そして今は]ベコーとはまた違いアレンジが素敵でした。深くて魅力的な低音ヴォイスで、さりげなく表現する歌いかたや情感たっぷりに歌いあげる表現等ほんとうに素晴らしい方だなあと思いました。
リハーサルでは涙が止まりませんでした。

■2014年7月5日
<八千代パリ祭> 
八千代市市民会館小ホール
 二回目となる八千代パリ祭は満席の会場で大盛況のコンサートでした。
チェロ蒲谷克典さん、アコーディオン桑山哲也さん、ピアニスト城所潔さんの豪華な素晴らしい伴奏で歌えて、しあわせでした。
 ゲストかいやま由起さんの心に響く歌声も素晴らしく、舞台袖でかじりついて聴いてました。共演の大原ひさのりさんのチャーミングな歌声と、ステージイングマリBunkoさんの迫力ある歌唱、文太郎さんの甘い歌声と甘いマスクにご婦人たちの黄色い声援がすごかったです。中村のりよしさんの伸びやかで美しい声と人生を豊かに歌い上げ、素敵でした。土岐能子さんの味のあるシャンソンと楽しいナンバー、池田ひろ子さんの流石ベテランの素晴らしいステージと歌唱、中山エミさんの圧巻ステージはかっこいい。
今夜はお客さんで客席できいていたいほど素晴らしいパリ祭でした。
八千代パリ祭ブラボーでした。
 
八千代パリ祭実行委員会茅野敦子さんはじめ皆様ありがとうございましたお疲れ様でした。

■2014年6月21日
<シャンパーニュ出演>
 共演は牧田妙子さん。初めてのシャンソニエ出演で6曲を歌い上げ、堂々とした歌唱でした。ピアフの[アコーディオン弾き]あのドラマチックなシャンソンを見事に歌い、日頃のレッスンの積み重ねがステージで花咲ました。華やかな美人さんな上ドレスのセンスが抜群でした。他の共演の方もそれぞれに素敵でした。特に斉藤裕さんの切れ味抜群の歌唱もすばらしかったです。シャンパーニュでは初めての大ベテランの城所潔さんのピアノは素晴らしく、音色は美しいし、arrangeもいいし、歌いやすく、さすが城所潔さんでした。牧田妙子さんも緊張してましたが、優しい城所さんの伴奏で安心して歌ってました

■2014年6月7日
<パレットスペシャルライブ>
 共演は鳥潟陵子さん、ピアニストは武藤晶子さん。
雨のなか満席のお客様ありがとうございました。
鳥潟さんの可憐な雰囲気のシャンソンで始まり、この日はあたしの新曲も含め17曲歌いました。熱いお客様でとても熱いライブができました。
今月は来月のパリ祭のリハーサルがあり、いよいよ始まるのだなあと身が引き締まります。サッカーの観すぎで少々寝不足ですが、頑張ってる選手たちの姿にパワーをもらい、あたしも頑張ってます。ザックジャパンがんばれーです。

■2014年5月30日
<銀座「蛙たち」スペシャルライヴ>
 共演は渋谷文太朗さん、ピアノ砂原善博さん、ピエールさん。
ピエールさんの和かなシャンソンや力強いタンゴは流石に芸大出身素晴らしい歌声でした。
文太郎さんはあい変わらずイケメンオーラ全開で、美しい声で女性がクラッとする選曲で、素晴らしいの一言です。
 JAZZ singerの冴理さんと色々なジャンルから選曲を発掘してらっしゃる翻訳家の松本さんもいらっしゃり、オリジナルソング(愛のコンチェル)を歌いました。歌い込みがまだでしたが、爽やかで未来耀く作詞です。結婚式にはピッタリな歌で、カンツォーネのよさが溢れているメロディーは大好きです。
 ライヴで自分でも男の気持ちを魂から叫びうたったのは[ジプシーの恋歌]でした。来世は男で生まれたい。そして女を愛し尽くしたい。そんな青木FUKIでした。 

■2014年5月27日
<与野シャイン出演>
 共演は福田三千子さん、ピアノはショーン星野さん。
福田さんのファド[秘恋]は本当に素晴らしい歌唱で、うっとりと聞き入りました。ショーン星野さんのジャァジーな伴奏であたしも最高の気分のステージでした。

■2014年5月23日
<バルバラ出演>
 共演の麻木ありあさんの「雪とアナの女王」のテーマソングは、お客様からのリクエストで素敵でした。RiOさんのかっこいいステージも最高でした。

■2014年5月19日
 音ステージQuiに冴理さんのステージを聴きにいきました。久しぶりの竹山さん[Master]にお会いして感激。いつも優しい笑顔でお会いするたびほっとしますお人柄は大好きです。だから50年も続けてやられてるのだなと感じました。冴理さんは最近ある方の紹介でお友だちになりました。才能豊かな方で作詞・作曲そして、訳詞などjazzsingerの方ですが、ハスキーヴォイスで好きな声です。あたしの最近カンツォーネの素敵な曲に日本語を訳して頂きFuKioriginalsongとして歌っていきます。
5月30日の銀座「蛙たちで」発表いたします。

■2014年5月18日 
<シャンソン未来ライブ>
 ピアノ川口信子さん、共演は平井光子さん、水澤けいさん。
個性が全く違う三人のライブはとても楽しいライブでした。平井さんの日本の歌やオリジナルの曲も素敵でしたし、水澤けいさんはさすが元アナウンサーなので、歌詞の滑舌がすごく良く歌の情景が浮かびました。

■2014年5月17日
<シャンパーニュ出演> 
 「矢田部道一の世界を歌う」ムッシュ矢田部の訳詞や作詞を歌うシャンパーニュのライブでした。
 共演の貴志まさみさんは大阪からの出演で、とても感じのいい美人歌手という方で素敵なシャンソンでした。庄司加奈子さんもドラマチックなムッシュのシャンソンを歌い上げて、素晴らしいと思いました。そしてエスコートで小倉浩治さんは久しぶりの再会で、ヴォイストレーニングをあたしがレッスをしましたので、今の活躍はとても嬉しく思いました。相変わらずイケメンで素晴らしいステージでした。
 新曲で(ディスコの女王)(黒い鷲)を歌いましたが、「黒い鷲」は今まで封印してましたが、ムッシュ矢田部の訳詞で初めて歌いました。バルバラのスタイルを意識して、この夜はビアノ弾き語りをしました。リアリティーある訳詞でかなり魂の入った「黒い鷲」に歌えたのではと自分でも震えがきました。

■2014年5月16日
 宇崎竜童さんと阿木曜子さんのライブハウスに先日、博多でコンサートをご一緒しました林美智さんが出演なさるということで聴いてきました。近藤義春さんの凄いギターのみの伴奏で、林さんの凄みある歌がハートにビリビリきました。かっこよかでした。

■2014年5月11日
<青木FUKIディナーショー>ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸
 五月晴れとはこの日のようなお天気でした。 
ホテルも一周年ということで今回のあたしのディナーショーとジョイントになりました。
水戸でのディナーショウは初めてでしたので、心配や不安がありましたが、一ヶ月で満席となり240人のお客様がいらしてくださり感謝、感謝です。
 水戸のカルチャーの生徒さんや高校時代の友人の協力を頂き、あっという間にチケットが完売しました。本当にありがとうございました。
渡辺妙子さんや佐藤芳子さん沢山のチケット販売協力、本当にありがとうございました。そして伴仲宣子さんの熱いあたしへの思いを心より感謝します。細やかなお気遣いや細部にわたる大変な事をさらっとしてくださりとても助かりました。生徒さんとはいえ、なかなかこのご時世に優しい人柄に感服しました。無償の愛。
 ピアノ大貫さんベース谷昌源さんサックス&フルート加塩人嗣さんの演奏と伴奏で、素晴らしいショーとなりました。
一部はシャンソンを中心にドレスを着替えた後は、世界の歌としてアルゼンチンタンゴやファドやスタンダードジャズ、カンツォーネそしてシャンソンをアンコールにJポップとお馴染みのナンバーを選曲しましたが、これが大正解で皆さまに大喜びして頂きました。お料理もたいへん美味しいと、すべてが満足して頂き、ほっとしてます。そして打ち上げには沢山のお客様がいらしてくださり、余韻を楽しんで下さいました。そして、すぐにでもコンサートかライブを水戸でしてほしいと、沢山のお客様にリクエストされ、とても嬉しくありがたく思いました。
皆様、誠にありがとうございました。

■2014年4月23日
 三越劇場で虹の会ラストコンサートにいきました。
久しぶりの唯文さんや平野りりこさんの歌声にうっとりしました。主催の大久保勝子さんの凛とした姿と歌に感動しました。二部はグラシェラスサーナさんがゲスト出演。待ちに待ったスサーナさんの歌声は、TVでみて聞いていたスサーナさんの数々のヒット曲を出し、憧れていました。スサーナさんのはじめて生声を聞きましたが深い繊細なヴォイスでギターつま弾きながらアドロや街灯カミニートやサバの女王など8曲歌い、大満足でこの夜はイタリアンで7人の生徒さんたちと賑やかに、あーだのこーだの歌のオシャベリで楽しい夜でした。

■2014年4月19日
<シャンパーニュ出演>
 共演は小笠原啓、 清水梨央、若林康子、ピアニスト川畑芳暁。
若林康子さんの、軽妙なMCで和やかなムードのなか、小笠原啓さんのチャオチャオバンビーノで高らかなイタリアの空を思わせるカンツォーネとアズナブールの名曲声のない恋を切々と語る歌声は素晴らしかったです。清水梨央さんのパンチ溢れるステージも盛り上がりましたし、若林康子さんの、独特な世界も素敵でした。

■2014年4月15日
<春のおとずれライブ アートカフェフレンズ>
 朝比奈ももさん、川村和代さん、内藤路子さん、冨田洋子さん。
それぞれの歌唱力を存分に発揮した素晴らしい歌声でした。4人の共通していえるところは安定した発声です。満席で溢れる会場、ブラボーの嵐が響きわたりました。吉久亜紀さんバイオリン大貫祐一朗さんのピアノでクオリティー高いライブでしたあたしも鼻高々でしたよ。

■2014年4月13日
<日下泰子ソロコンサート>
 帝国ホテルで100人のお客様のご招待をなさり、感謝コンサートをした日下泰子さん。
一部はハワイアンのステージで日頃なさってる仲間の皆さんとウクレレを弾きながら、美しい声で9曲うたい、二部はシャンソン、カンツォーネ、ラテンと見事に歌い上げました。歌なかまのコーラスもあり、日下泰子さんを盛り上げてくださいました。あたしも3曲御祝いをこめて歌わせ頂きました。日下泰子さんの継続は力なり。積み重ねた努力は成就する。まさに素晴らしいコンサートでブラボーをおくります。
土肥弘明トリオの伴奏やアレンジも素敵でした。

■2014年4月5日
<博多コンサートアクロス円形劇場>
 一部林美智さんの円熟味溢れるステージ、二部はあたしのステージ。
ピアニスト岩崎太輔さんと当日リハーサルで初めてでしたが、素晴らしい岩崎さんの伴奏で気持ちよくステージができました。沢山のFukiファンが待ってて下さり、会場いっぱいの愛溢れる声援と拍手で感無量でした。
 次の日は北九州の友人三人とドライブしながら、大分の別府温泉に観光しながら楽しい旅をして命の洗濯しました。
[晴海]というホテルのロケーションは最高でした。露天風呂からすぐ海が手に届くようなところが素晴らしいかったです。お料理も美味しくお酒がすすみました。

■2014年3月24日
<与野シャイン出演>
 共演は栗田光江さん
 世の中にこんなに素敵なかたはなかなかいないと、お会いする度に思わせる栗田光江さん。歌声も澄みきった青空のようなのびのびとした心地よい声で、聞くひとを幸せにさせる歌をかなでてました。
この夜のシャインまたまた熱気溢れてました。

■2014年3月29日
銀座「蛙たち」
Fuki&MAiKo姉妹ライブ
 桜満開の土曜日、朝は池袋カルチャーのミニ発表会で30人の素晴らしい歌声に感動しながら伴奏してました。皆さんそれぞれに向上してました。午後は二子玉川カルチャーのミニ発表会で、2曲づつこちらも素晴らしい日頃の成果がでていました。
夜は蛙たちで姉妹ライブ
客席からカウンターまで座る席がないほど満席のお客様ありがとうございました。  
サックス&フルートの加塩さんとピアニスト合野典子さんの演奏伴奏で、私達の歌を盛り上げてくださいました。
 
Maikoさんの堂々とした歌声と歌唱もすごく良かったです。あたしも超限界の体力ですべて出しきりの歌唱でした。新曲も味わいながら歌えました。
次回は5月30日出演しますので宜しくお願い致します

■2014年3月15日
小椋桂プロデュース
<ビックバンドで歌おう>
 ミューザ川崎という素晴らしいホールで、最高に楽しんで歌ったコンサートでした。
ペギー葉山さんの「ビギンザビギン」で歌が始まり、「ラブレター」そして「学生時代」、大ベテランの貫禄とオーラは素晴らしかったです。青山明さんと沢木順さんは劇団四季を30年活躍したベテランで、さすがに抜群の歌唱でミュジカルナーバーやスタンダードジャズを歌いました。あたしは「ラストダンスは私と」、「ベサメムーチョ」そして「ジャニーギター」を歌わせて頂きました。アレンジが素晴らしいのですが、「ベサメムーチョ」は結構頑張って勉強しました。「ジャニーギター」は名曲ですね。レッスンでは生徒さんにしてましたが、初めて唄いました。小椋桂プロデューサーのリクエストでしたので頑張りました。
 島田歌穂さんとは30年前に一緒にステージに立っていました。あどけない歌穂ちゃんが大ミュージカルスターになり、島健さんの奥様になられ、近づけないくらいのスターになってましたのでお会いするまでどきどきしてましたが、あたしをみるやいなやハグハグしてくれ感激でした。ステージでは圧巻のジャズを特に「スペイン」は素晴らしかった。やはり凄いです。歌穂さんと梅沢富男さんはTVでよくみてますが、素晴らしいトークそして小椋桂プロデューサーの「夢芝居」と「私に泣かせて下さい」を聴いている全ての人に震えるくらい素敵にお歌いになられ、ますますファンになりました。是非、お芝居を観に行きたくなりました。
 オジサマコーラスを従え、小椋佳さんの温かい歌声とトークはお客様を和ませ、さすが小椋桂プロデューサーは素晴らしいと思いました。東芝ライトオンジャズオーケストラとオルケスタ デラ マドゥルガーダーの二つのビックバンドで今回歌わせて頂き、本当に嬉しかったし楽しかったです。歌を続けてきて本当に良かったと思いました。
生徒さん達も皆さん喜んでくれて沢山のメールありがとうございました。

■2014年3月7日
 先週は日本武道館でイル・ディーヴオのコンサートに行きミュージカルナンバーの数々を堪能してきました。相変わらず皆イケメンで素晴らしい歌声でした。日常のバタバタした生活で疲労困憊してるあたしにとって、至福のひとときで、人間の声の素晴らしさをつくづく改めて感動しました。そして立ち姿の美しさ、歌っているときの表情の美しさは最高でした。
 
昨日3/7は、オーチャードホールでルベルベットのコンサートに行きました。5人の男性グループ日本のイルディーヴオと言われ、今スゴーイ人気グループで、会場を3日間満席にしているグループです。皆な音楽大学出身でイケメン!!
なかなかのミュージカルナンバーや日本の歌、オペラまで盛りたくさんのプログラムで、今までにないタイプのグループであり、本格派歌手のコンサートでした。
 
 
7/11ヌーボヴォーパリ際にゲスト出演が決定しました。
オーチャードホールでの共演楽しみにしてます 

■2014年3月1日
<バルバラ出演> 
 共演は薄井美和&大里美代子
明るい性格で気配りのあるやさしいお二人。
薄井美和さんはシャンソンの語り絶品でした。再会やイレーヌの店等すばらしかったです。大里美代子さんは華やかなかたですが、緊張するといいながらもトークも上手く、落ちついていました。ピアノの下にまで入りそうなバルバラに沢山の御客様に感謝します。
ありがとうございました。 

■2014年2月23日
 茨城キリスト高校の1年3組(23期生)の大好きな担任だった井坂先生が亡くなり、悲しみのお通夜にいってきました。ニッコリ微笑んでる遺影写真が、なお哀しみを誘い16歳の頃の自分の姿が目に浮かび、同期生やクラスの仲間が30年過ぎてもその時と同じテンションでお話できた。
コンサートにも何度もいらして下さり、フキちゃん歌もいいけどお話が楽しいと誉めてくださいました。奥さまの芳子夫人も素敵なかたで、涙いっぱいためてあたしのシャンソンを聞いてくださいました。先生がいなくなってもいつでもあたしの心のなかにはいます。
井坂先生やすらかにお休みください。
ご冥福をお祈りします。

■2014年2月18日
 1月の末に銀座で衝撃的な作品と出会いました。感じたことのない体感でした。とにかく美しい色彩まるで体が浮いてるような感覚になりました。グラフィックデザイナーの勝井三雄さんのギャラリーにいっての感想です。専門的な事はわかりませんが素晴らしかった。奥さまの勝井沙子さんの御主人で、沙子さんのライブやコンサートの時に応援にいらしてますが気さくで飾らないお人柄あたしも大ファンです。あんなに凄い先生なのにいつも感じのいいフレンドリーに接してくださるかたです。素晴らしい人にかぎって威張らないなあとつくづく思いました。

■2014年2月15日
<シャンパーニュ出演>
 2/14のバレンタインデーに大雪で大丈夫かとおもいましたが、夜は冷たい空気で寒いよるでしたが遠方から沢山のかたがたが来てくださり感謝します。共演の麻野ふじえさんの歌唱やステージングは素晴らしく、いつもいらしてくださる御客様に誉めて頂きました。歌は勿論目線や立ち方も初めてとは思えないと!ファドやタンゴは言語をいれて力強くシャンソンも情感溢れた歌でした。高瀬一郎さんは熱海からのご出演で熱烈な女性ファンが沢山要らして高瀬さんのせつせつと歌われたシャンソンに酔いしれていました。高岡龍二さんの爽やかな歌声と揚羽一広さんの若さ溢れたうたも素敵でした。ピアニスト豊嶋裕子さんとの久し振りの伴奏は気持ちよくバッチリあい、あたしも新曲も含めて最高なステージだったかなと! 

■2014年2月11日
 祭日で北参道は静かな街でしたが、5人の小さなドレスの会というかわいらしいタイトルのコンサートに行って来ました。
高山まさこさん、井出真澄さん、君塚たかみさん、亀山由美さん、佐藤卓代さん。
みーんなあたしの自慢の生徒さん、そして生徒だった方のコンサートです。楽しみもあるしどきどきもあるし。でも終わる頃には来てよかったなあとしみじみ思いました。温かい歌声で心に響く歌を歌ってました。
お馴染みのみんなが知っている選曲でしたので会場が一つになった一体感があり、たのしめました。感無量でしたコーラスもみんなで考えたと素敵でした。

■2014年2月7日
 <ピギャール出演>
 久し振りの出演でした。寒い夜にもかかわらず足を運んでくださり感謝します。
ピアノ忠平隆さん、共演naoKoさん、福田さん、尾川京子さん、madam神長まさみさんでした。友人の山村美智さんがいらしてくださいました。青山マンダラで今宵月は瑠璃色のという朗読と芝居をしましてあたしも見に行き、楽しみました。
脚本、演出、主演と多才な山村さんのライブ最高でした。朗読はレミゼラブルで、歌も入りトランペットとピアノが盛り上げてました。
いつか一緒のライブをと二人で話してます。

■2014年2月4日
 豊島区専門学校の30周年記念パーティにシャンソンを聞くということで出演。麻木ありあさんにも華やかに1曲歌って頂きました。皆さんあまりシャンソンとかを聞く機会がないといって大変喜んで頂きまして嬉しかったです。会長の岩田拓郎さんありがとうございました。

■2014年1月30日
<蛙たち出演> 
 ピアニストは砂原嘉博さん
蛙たちのピエールさんとクロウドサンすばらしい声で本格派の歌を聞かせてくださいました!
共演の高木亮太さんも素敵なナンバーを沢山歌いました。甘く素敵な声でいいですね。
あたしの想いの届く日を歌ってるとき、素晴らしいコーラスが歌を邪魔せずに入ってくださりびっくりしました。打ち合わせもなにもなく、パーフェクトな美しいコーラス嬉しかったです。男性コーラスにささえられ酔いしれて歌いました。昔どこかでふるさとの山を思い込めて歌ってるとき、いきなり発声の好きじゃない声のあるプロ歌手がコーラスで入ってきたときは、ガックリしました入ってこなくていいのに私より気持ちよく歌ってましたが迷惑でした。いろいろあります。3/29蛙たち出演妹との共演ですよろしくお願いいたします。 

■2014年1月24日
<バルバラ出演> 
 新年初バルバラで共演はRIOさん、ピアニストは合野典子さん。
今年の年末のイベントにゲスト出演して欲しいとの依頼に華やかなマダム8人がいらっしゃり、オーデションのような少し緊張がありました。二回ステージでお帰りになる予定がラストのステージまでいらしてくださいました。
 青森の弘前からもいらしてくださり、やっぱ本物の生声はいいわと、青森弁で可愛く言ってくださいました。時々涙ながら聞いてました。ありがとうございました。寒い夜でしたが熱くなるナンバーを沢山歌いましたよ。

■2014年1月22日
<ヴィラージュ出演> 
 ヴィラージュは二度目の出演です。 
三浦高広さんの素晴らしく華麗でどんな歌でも歌いやすく、ドラマチックに盛り上げて下さる伴奏は最高です。
 共演の桜彩さんはフレンドリーな感じのいいかたでした。憧れの目崎智恵子さんはやっぱり素敵でした。目崎ワールドかっこいいです。
次回3/25出演します 

■2014年1月18日
<シャンパーニュ出演> 
 新春歌いまくるぞ!!
 2014年初シャンパーニュで凄い沢山のお客様にお越し頂きましてありがとうございました。昨年、浜松からレッスンに通い今回初シャンソニエデビューの河西美佐さん、本番がレッスン時よりもすごい力が出てました。
しっとりと決め細やかな表現力、愛を語るシャンソンにピッタリの声、そして姿素敵でした。
 司純さんは矢田部道一作品を心込めてお歌いになりました。ムッシュ矢田部は数え切れない訳詞をなさってて司純さんにまた紹介していただき感謝します。鈴木彩夏さんは美しい声でした。特に“ある古い歌の伝説”は素晴らしかったです。ピアニスト土肥弘明さんと息子さんのあげは一広さんは、流石に親子息のあったステージでした。土肥弘明さんは風邪でかなりつらそうでしたが頑張ってくださいました。

■2014年1月17日
<船橋市民ホールニューイヤーシャンソンコンサート> 
 ゲスト井関真人、青木FUKI。伴奏小泉たかしクワルテット。
 新年にふさわしい華やかでゴージャスなコンサートでした。一部はシャンソンやカンツォーネそしてタンゴありで盛りだくさんのプログラムでした。千葉県はシャンソンファンが多いと聞いてましたが、歌う方々のレベルも高く素晴らしかったです。
ゲストの井関真人さんのステージングと歌は流石に魅了され、素晴らしかったです。井関真人さんの前に5曲あたしも真っ赤なドレスでキャバレーやタンゴそしてオリジナル曲をノリノリで歌いました。バンドの伴奏が最高でしたね。ビアニスト小泉たかしさんのピアノも凄く素晴らしく初めて伴奏していただきましたが、歌いやすく音も綺麗で華麗なピアノでした。打ち上げも楽しく皆さんと和気あいあいとお話ができ良かったです。

■2014年1月10日
<与野シャイン出演>
 新年初めてのライブ出演は満席御礼の夜でした。共演は鈴木雅子さんと山口伊知子さん
、ピアノは砂原嘉博さん。
 鈴木雅子さんとは昨年暮れに声の使い方の方向性とか日頃の在り方、考え方を話し合い納得してレッスンをしてきました。その事は非常に良かったです。素晴らしい歌声とステージングになりました。なにかふっ切れたようでした。山口さんは美声の持ち主で、黒いわしのフランス語は素敵でした。砂原さんもあたしも新年初めてのライブで魂が入ったステージでした。昨年暮れからの休養がリフレッシュになり、またエネルギーがたまってます。17日は船橋でのコンサート、18日はシャンパーニュ歌いまくるぞライブ、お陰様でチケットは完売です。

■2014年1月3日
明けましておめでとうございます 
今年も宜しくお願いいたします
 
 暮れから軽井沢で一年の疲労を温泉で癒してきました。とても天候に恵まれ良かったです。山々を見ながら弟と妹でドライブを楽しみました。歌を忘れのんびり過ごせ、今年のプランなど考えたりしてました。
今年は午年あたしの歳です。たてがみを風になびかせ走ります。

■2013年12月22日
<水戸カルチャー今年最後の勉強発表会>
 あたしの伴奏で14人の今年のレッスン成果の発表でした。
お客様も入って頂き、1曲の方、2曲の方、精一杯歌いました。今年は水戸カルチャからシャンパーニュデビューが2人、タンゴコンサートでは小池郁子さんが出演しました。
皆さま来年も宜しくお願いいたします。

■2013年12月21日
<シャンパーニュ出演>
 共演は小松崎豊・ 長島みゆき・金丸麻子
長島みゆきさんは生徒さんで、二度めのシャンパーニュでしたが、前より数段すべてが良くなっていて素晴らしかったです。経験が活きてました。
 小松崎豊さんの自然体キャラがなんともいいですね。美しい声と感情豊かな表現がまたまた素敵でした。そのほかで今夜のステージで気がついたことは、わざとらしいとか受けようとかお客様にはすぐにわかるのでステージは謙虚にと思います。

■2013年12月15日
<八千代青木FUKIクリスマスコンサート>
   共演は田尻勝久、安藤智恵子、田倉令子さん。 ピアノは武藤晶子さん。
田尻勝久さんとは10年ぶりの共演となり、久々に聴きましたが魅力的な声になってました。あたしのレッスンを受けてましたが立派な歌手になり感無量でした。安藤さんと田倉さんも今、レッスンの特訓中ですが安藤さんの伸びやかな澄んだ声は素晴らしく、田倉さんの表現する歌唱はドラマチックで素敵でした。
お客様も大満足のショーでした。
ありがとうございました。

■2013年12月14日
<京谷弘司クワルテートタンゴコンサート>内幸町ホール
 千代田区主催のタンゴコンサートでダンスタと歌と演奏満席の会場で、冬の寒さを吹き飛ばす情熱の演奏で熱い夜でした。皆さんタンゴにすっかり酔いしれてました。

■2013年12月11日
<青木FUKIシャンソン の夕べ>
姫路SEikO ClUB
 伴仲宣子さんの故郷でのコンサートでした。2ヶ月前に突然決定してから伴仲さんの活動に脱帽です。全てが素晴らしく大盛会となりました。伴仲さんも2曲のシャンソンを歌い、あたしの前歌をしました。辻馬車の姫路バージョンは会場のお客様の笑い声で、和やかな空気になりました。
あたしも一部9曲、二部10曲シャンソン&カンツォーネ&タンゴで歌いました。ビアノは星野修一さんでマダム達に素敵でした!と言われてモテモテでした。来年も是非来て欲しいと熱いラブコールがたくさんあり、来年のコンサートが決まりました。次の日は姫路城を見学しました。とにかくお城の凄さや歴史を垣間見てタイムスリップし感慨深い体験をしました。ランチは瀬戸内海の海の幸をたらふく頂き、満足し最高の1日でした。伴仲さんのファミリーも皆さん協力してくださり、本当にありがとうございました。お友達の射場さんドライバーしてくださり本当にありがとうございました。

■2013年12月10日
<フリオイグレシャスのコンサート>
オーチャードホール
 わくわくして楽しみに行きました。1階30列?あっち、あー、前でみたいのに!予約遅かったかな?70歳とは思えない色気にくらくらしました。プログラムも期待してた「抱きしめて」も入って嬉しかった。まさかと思ったのは、アルゼンチンタンゴ2曲が入ってて、タンゴダンサーが超カッコ良く、素晴らしいアルゼンチンタンゴダンスを魅せてくれました。フリオのラクンパルシータとアメディアルスも最高。ショーの構成やバンドの演奏も超一流でした。本当に最高なコンサートでした。コーラスの女性三人も抜群のスタイルとハーモニー・・・
とにかく素晴らしかったです。

■2013年12月10日
<ねね歌の祭典>
ラフェットドゥシャンソン
なかの芸能小劇場
 ビアノは土肥弘明さん、フルートは千装智子さん。
10人の方々の歌は素晴らしい歌唱だなと感心しました。特に男性お二人とも素敵でした。プログラム一番の内藤さんのメランコリーは最高でした。

■2013年12月9日
<四ッ谷クラス発表会>
伴奏はあたしで2曲のかた、1曲のかた半々で和気あいあいで楽しく発表しました。

■2013年12月8日
<たまがわコミュニュティ木曜クラス発表会>
自由ヶ丘ラマンダ
 8人の生徒さんが素晴らしい歌唱で、まるでプロのコンサートみたいでした。
シャンソンをフランス語でミュウジカルナンバ−やポップスを英語で歌うかた、シャンソン&カンツォーネの語りやバラードなども見事にこなしてました。日頃厳しいレッスンですが、結果、上手くなってます。嬉しいですあたしは。
ステージのドレス姿も皆さんセンス良くアッパレでした。見てよし聞いてよしブラボ−おくります。

■2013年12月7日
<池之端ライブスペースQui>
 ピアノ合野典子さん、テナーサックス&フルート加塩ひとしさん。
共演は渋谷文太郎さん。選曲をサックスにはなになに、フルートにはなになに、と楽しんだライブで充実した満足感のある夜でした。渋谷さんも相変わらず美声とイケメンで、マダム達を酔わせていました。

■2013年12月2日
<赤坂見附バルバラ15周年記念ライブ>
 共演は中村扶美さん、岡田由美香さん。
千葉美月madamも感無量の感じでした。madamのバルバラの訳されたシャンソンを中村さんとあたしでうたいました。ハッピーバースデーバルバラを歌い、ぎゅうぎゅうのバルバラは熱気溢れた暖かい夜でした。

■2013年12月1日
<ラマンダ たまがわコミュニティー土曜クラス発表会>
 12人2曲づつ発表しました。緊張のあまり色んな場面ありましたが、全体としてはとても素晴らしい発表会でした。ピアノは藤原和也さん、ベースは長尾雅道さん
打ち上げも素晴らしいレストランで、ワイワイと美味しいお酒とお料理と楽しい会話で盛り上がり最高でした。

■2013年11月29日
<蛙たち出演>
 共演川島豊さん、劉さん、蛙たちのピエルさん蔵人さん。
シャンソンコンクールのグランプリの川島豊さんと劉さん東京芸大卒業のピエールさんと蔵人さん。
すんごいライブで、各々が我ここにありの歌声をとどけました。
感動ライブとは正にこの夜だったと思います。
大貫祐一郎さんのピアノは抜群でした。

■2013年11月27日
<シャイン出演>
 共演木村正子さん、ピアノ砂原嘉博さん。
今回木村さんとは3回目の共演ですが、いつも良い声のかただなぁと思います。
響きのある素敵なシャンソンを聞かせて頂きました。

■2013年11月22日
<バルバラ出演>
 パリ帰りのピアニストの合野典子さんが、キャメル色のカッコいいコートで現れ、パリのおみやげ話を聴いてパリにいきたくなりました。無性にやっぱりパリは素敵な街!!
お買ものもしたいし、時間みつけていこっと(^^)
共演のRioさんと情熱的なシャンソンを沢山歌い、楽しいバルバラでした。

■2013年11月17日
<青木FUKIカンツォーネシャンソンクラス発表会>
 32人の発表会で、リハーサルはドキドキしましたが、本番は素晴らしく楽しみながら聴いてました。藤原和也さんの優しいお人柄と繊細なピアノの音色が、素晴らしく感動しました。吉久亜紀さんのバイオリンも素敵で、どの曲にも素敵なアレンジを弾いて下さり感激でした。
 打ち上げ は皆さんホッとなさり、満面の笑顔で美味しいワインとお料理に楽しんでました。
みんないい生徒さんです。
幸せな日でした。ブラボー!!

■2013年11月16日
<シャンパーニュ出演>
 共演MAIKO。妹とは久しぶりの共演でしたが、素晴らしい歌唱でした。歌ったオリジナルのブエノスアイレスは私は好きなメロディです。また、冬隣は泣けました。身内ながら本当に素晴らしいと思いました。
 米田まりさんのjazzていすとのシャンソンもすばらしかったです。土肥弘明さんのビート溢れる伴奏で気持ち良く歌え楽しい夜でした。
■2013年11月9日
<ピギャール35周年シャンソンコンサート>ヤクルトホール
 満席のヤクルトホールで、忠平クワルテットスペシャリスト、桑山哲也さんのアコーディオンの伴奏でオートワラビィ(おぉ我が人生)を歌わせて頂きました。
今のあたしの人生にぴったりの歌詩で歌いながらあたしの魂が泣いてました。
 アズナブールのナンバーは好きなものが沢山ありますが、若い頃に歌ったものと同じ歌なのに心のあり方が違います。500人の皆様に聴いていただいて感謝します。
 楽屋では松原ルリ子さんの隣で楽しく過ごせました。ファッションやメイクの話しは本当に勉強になります。
いつも変わらぬ体型と優しいお人柄は大好きです。ステージもかっこ良かった和製レディガガだったですね。若手歌手も素晴らしいかたが沢山いました。
これからが楽しみな歌手たちですね。
神長まさみさんのパワフルな生き方が歌にでていて感動しました。
素晴らしい夜でした。

■2013年10月31日
<ヴラージュ初めての出演>
 共演は野崎由美子、目崎千恵子さん。ピアニスト三浦高広さんのシャンソニエで
オシャレな店でステージと客席が1つになれるという感じでした。三浦高広さんの素晴らしいピアノ演奏・伴奏とアレンジは本当に素晴らしく、今夜は最高でした。
 奥様で歌手の目崎さんの作られたおとうしというか、お料理 も絶品でした。歌も聞いたことのないナンバーで、あたしにとっては新鮮でした。野崎さんとの共演も久しぶりで嬉しかったです。

■2013年10月26日
<バルバラ出演>
 台風27号が来る予告で、お客様がいないかとおもいましたが、懐かしい方や常連の人ががおみえになり賑わいあるバルバラでした。共演のRioさんと盛り上がったライブになりました。
「ジャックブレルの涙」を久しぶりに選曲しましたが、永田文夫さんの訳しは素晴らしいです。若い時に歌ってましたが、今歌う感じと違い感慨深い歌でした。
ピアニストは合野典子さんでした。

■2013年10月19日
<シャンパーニュライヴ>
 あいにくの雨でしたが満席でした。ありがとうございました
 久しぶりの麻生恵さんと再会し、共演できてとても嬉しかったです。すごくスリムになられ、相変わらずかっコイイでしたね。水戸教室の小池郁子さんは初めてのシャンソニエでしたが、音大声楽出身はさすがにしっかりした発声で、安心した歌唱でがんばりました。
ドレスも三回着替えてお客様を楽しませて良かったと思います。

■2013年10月18日
<シャンソネットライブ>
藤原和也クワルテットバンド
 
 尊敬している松宮一葉さん、そして久しぶりの共演の花木さち子さん、若手の倉井克幸さんと内容の濃いライブで楽しかった!です
花木さち子さんの透明なヴォイスは最高ですね
松宮さんは昔からあのハスキーな声と表現力に憧れてました!倉井克幸さんさすがフランスで生活したかた。フランス語のシャンソンは素敵でした!銀パリというのはこんな雰囲気だったのかと味わい深ライブでした。
来年3/21出演決まりました 

■2013年10月6日
<オータムコンサート2013 草月ホール> 
 草月ホールでの25人の生徒と青木FUKIのシャンソン・カンツォーネ・タンゴの三部の構成でした。お客さまの感想が、とにかく素晴らしかったと、今までいろんな発表会がありましたが、こんな素晴らしい会はなかなかないと絶賛されました。
 新人の方もベテランの方も、皆さん日頃レッスンした成果がでてました。
練習不足の方は、やはりそれなりに、いまいちリハーサルがばっちりでも、本番はあがって実力を発揮できなかった方、反省もありますが、全体的には本当に素晴らしいコンサートでした。
一流のミュージシャンの伴奏で、気持ち良く歌えて幸せだったと思います。
京谷クァルテートでのアルゼンチンタンゴの三部は凄かったですね。ダンスそしてあたしのタンゴの歌と演奏など。
 
なかなかタンゴを見たり聞いたりする機会がないので、生まれて初めてタンゴに出逢い感激という感想を沢山聞きました。
 
それとまぁ、皆様ドレスのフッションショーかと思う位、素敵なドレスでお歌いになり本当に綺麗でした。 

皆様お疲れ様でした

■2013年6月24日
<青木FUKI劇場 STB139ライヴ>
 STB139 「青木FUKI劇場」無事大盛況に終えホッとしています。ナーバス状態から解放されワインを手にくつろいでいます。  久しぶりのソロライブでしたが反省するときりがないほどあります。でもお客様は大変お喜びになられてました〜構成や選曲は当日の午前中まで迷ってました〜バイオリンの渡辺剛さんの演奏や渋谷文太郎との「ケルクファ」のデュエットを入れステージを盛り上げてくれました。ドレスも4ポーズ 女性のかたはドレスも楽しんで下さり素敵とかカッコイイとか会場から声かかりました。約20曲どのナンバーも真心こめ熱唱しました。「白い服」はビックリさせてしまいました。沢山の皆様本当にありがとうございました。感謝します。

■2013年4月20日
<シャンパーニュ出演>
 冷たい雨の夜でした。久しぶりに共演した藤本統紀子さんは、昨年ご主人の藤本義一さんがお亡くなり、まだ、哀しみもおありでしょうに「生きる」や「私の神様」などお歌いました。きっとご主人を偲んで歌われたと思います。楽屋で涙ぐんで聴いてました、ブルーの気品のあるドレスとお帽子でバルバラの「貴婦人」を歌われた時は、衣装の大切さを感じました。素敵な藤本さんでした。俳優の寺泉憲さんやマリアンヌさんもいらして、客席は華やかなでした。

後山優子(弟子)さんは二年ぶりのシャンパーニュ出演でした。この二年間発声にレッスンを励み、自分の納得いくまで声の追求をし、 見事に素晴らしいステージでした。共演の若林康子さんや谷本耕治さんに声が(発声が)いいと絶賛されていました。ソフトに歌う「私の孤独」、力強い歌唱力が必要な「貴方と旅立とう」は素晴らしかったです。  自分の弟子を誉めるのはちょっとですが、いいものはいい!
椅子が足りないくらいの満席、ありがとうございましたあたしの久しぶりに歌った「新カルメン」の反響が凄く嬉しかったです。佐々木秀美ちゃんや秀美さんのマネージャーと客席にいて懐かしい思い出話に花が咲きました。

■2013年4月10日
<ハイキング>
 朝10時に池袋から川越市に四ツ谷クラスの皆さんとハイキングで、楽しいひと時でした。お昼は鰻を頂き、蔵通りを歩き「時の鐘」を聞き、お土産のサツマイモ菓子を買って晴れ渡る空と澄んだ空気を味わい命の洗濯をしました。

■2013年4月9日
<池の端ライブスペースQUI 出演>
共演は渋谷文太郎さん、ピアノ合野典子さん、ギター 並木健司さん。
偶然に三月に山梨石和温泉でのライブで共演しました渋谷さんは抜群の歌唱力で、爽やかな渋谷さんにマダム達がうっとりと酔いしれてました!
久しぶりのQUI出演でしたがやはり好きな空間ですねあたし。
四日連チャンステージでしたがライブはいい!

■2013年4月7日
<中の芸能小劇場> ゲスト出演
 「カマラードラシャンソン」一部と二部3曲づつ歌い沢山の拍手を頂きました。出演の皆さんの歌唱力にびっくりしました。何年か前にご一緒したかたが、とてもお上手になってまして継続は力なり…を感じました。砂原嘉博さんのピアノとベースの伴奏でしたが、カッコイイ!砂原さんのピアノ呼吸もバッチリ歌い易かったです。ブラボーでした。

■2013年4月6日
<新宿音ステージQUI出演>
 宮淑子&遠藤伸子さんのライブにゲスト出演しました。ピアニストは芹田直彦さん。 悪天候でお客様が来られないかと思いましたが、沢山の方々が(岐阜からも)感謝ですね。宮さんと遠藤さんの新曲デュエットは最高でした。素敵な訳し、そして流行りそうなメロディー良かったです。
お二人とも素晴らしいステージで楽しいライブでした。

■2013年4月5日
<六本木シャンソンフェスティバル出演>
 俳優座劇場 10周年の記念すべきシャンソンの祭典。神長まさみさんのパワーあふれる歌に感動しました。

■2013年3月20日
 勝井沙子「CDアルバム発表ライブ」
 アートカフェフレンズ  
 満員御礼の会場で大貫祐一朗さんのピアノと吉久亜紀さんのバイオリンで華やかな音楽で12曲を勝井沙子さんが歌い、私はゲスト出演で2曲歌いました。やはりいらしてる方々のためにはもう一曲歌いたかったなあ…本音です。
アレンジ大貫祐一朗さんのアルバムでオシャレな感じのCDです。勝井沙子さんも頑張って初ソロライブなさり感動的だったと思います夢は叶う!んです。

■2013年3月16日
 シャンパーニュは水戸カルチャークラスの海老根富美子さんが初シャンソニエ出演で素晴らしかったです。どの歌も富美子ワールドで表現しててシルキィなウ゛ォイスは財産ですね。
大坂からの福原すみれさんは華やかな女性らしいかたでした。土肥一公さんの若さあふれるステージで盛り上がり、小林岳五郎さんのカッコイイピアノで最高の夜でした。水戸や大坂からのお客様もありがとうございました。リステルホテル鈴木さんにもお世話になりましたありがとうございました。

■2013年3月15日
 渋谷シアタークリエ 「ノートルダムドパリ」を堪能してきました。圧倒的な歌唱力には魂が抜き取られ、改めて歌を歌うということはとか表現するということは…考えさせられました。とにかく素晴らしかったです。
舞台美術も照明もダンスも楽曲もアレンジもブラボーでした。

■2013年3月6日
<与野「シャイン ライヴ」>  
  ピアノ  砂原嘉博さんの枯れ葉(華麗でジャジー)で始まり、鈴木雅子さんのクラシカル発声での「マリアマリ」、地声で「バラのタンゴ」安定した深い声で素晴らしかったです。
山口伊知子さんのフランス語で「黒いワシ」、「愛の讃歌」美声で大曲をこなされ素晴らしかったです。
満席のシャインあたしも気持ちがいつもながら入りいいライブでした。「葡萄の季節」はリクエストでしたが皆さんに涙が流れたと大絶賛でした。いつも歌っている歌でも毎回違う!これがライブの良さです。生の歌を聴いて感じて下さい。

■2013年3月2日
<山梨県石和温泉のホテル富士ライブ >
 ピアノ 小林岳五郎さん、ベース 高橋辰巳さん、バイオリン 渡辺剛さん。 
素晴らしい演奏と渋谷文太郎さんの伸びやかなシルクウ゛ォイスはお客様をうっとりとさせてました。とても素敵なステージでオシャレな空間は最高でした。
温泉に入って夕食後本物の演奏と歌をお客様に無料で聴いて頂くという(愛あふれる社長さん)の姿勢に感激しました。あたしもそれに応えられるよう一生懸命歌いました。
イケメンミュージシャンとイケメン歌手に囲まれ楽しい夜でした。大好きなワインと大好きな温泉で最高の日でした。

■2013年2月22日
<バルバラ出演>
 共演:RIO
 ピアノ:ショーン星野
 最近ライブやコンサート後の身体の疲れが二日後に来ます。とくにタンゴライブはなんか激しい歌唱をするのかドットきます。しかし、19日のスイートベルでのタンゴライブのように「素晴らしかった」との感想が沢山あると頑張って良かったです。最近またスペイン語をしっかり毎週習ってるので、歌ってても感じて歌えます。その余韻もあり、昨夜のバルバラはシャンソンやカンツォーネそしてタンゴをショーン星野伴奏で愉しんで歌いました。


■2013年2月19日
<STB139 タンゴライヴ>
 朝から雨で雪に変わり夜までに止むことを祈りながら、六本木スイートベジルに入りました。リハーサルを終えいよいよ本番、久しぶりのSTB139にワクワクドキドキで本番を迎えました、タンゴ巨匠バンドネオンの京谷弘司さんのクワルテートの演奏、古典タンゴからピアソラまで情熱的なタンゴナンバーを奏でて会場は熱気に包まれ、けんじ&リリアナのストーリーのあるアルゼンチンタンゴダンス、そしてあたしのタンゴの歌でスペイン語と日本真冬のタンゴは最高でした。語を半々でうたいました。

■2013年2月17日
<コンサート鑑賞>
 オーチャードホールで東京フィルハーモニィーと共演の小椋桂さんのコンサート行ってきました。ゲストはペギー葉山さん、梅沢富美男さんで素晴らしいコンサートでした。小椋さんのトークが最高に楽しかったです。またMCが勉強になりました。やっぱり頭の回転がいいかたなんだなとつくづく思いました。人生を考えさせられる素晴らしい新曲もあり、楽しくて素晴らしいコンサートでした。梅沢富美男さんの歌では泣かされました。ハートフル歌唱と声を変えるのが素晴らしく、すっかりファンになりました。


■2013年2月16日
<シャンパーニュ出演>
 満席で熱気に満ちた夜でした。
いわき市出身の斎藤夕希さんはカッコイイアレンジでの「パタ゛ムパタ゛ム」、「群集」とかカッコよかったでした。リズム感も素晴らしかったです。高岡龍治さんも二度め共演でしたが、情感あふれた歌声が、素敵でした。謙虚な好青年の印象でした。
 あたしはいつもステージ衣装を変えたり、その日の気分だったり、歌のイメージだったりで様々な格好します。なかには露出度がかなりあったり。  昨夜は三回衣装チェンジしました。それを楽しみにいらっしゃるお客様もいます。
まあ自分が愉しんでるわけですが。

■2013年1月28日
<自由が丘「ラマンダ」初出演> 
 音大生の時は毎日のように自由が丘を散歩したり、ショッピングしたり、ごはん食べによくきてました。懐かしかったです。相変わらずオシャレな街ですね。
 深江ゆかさんのシャンソニエラマンダは、落ち着いたサロンで大きな窓からは外が見え、開放感ありカーテンを閉めるとシャンソニエ独特の空間で、ゆったりと歌うあたしも、聞くお客様も過ごせて良かったです。
 ピアニストの藤原和也さんとも久しぶりに(さすがにベテラン)素晴らしい演奏と伴奏で、楽しかったです。二子玉川カルチャーの皆さんがいらして盛り上げて下さり感謝感激でした、ありがとうございました。19時から二回ステージで、たっぷりFUKIワールドを聴いてもらいました。

■2013年1月26日
<観劇>
 「ピアフ」大竹しのぶさん主演 シアタークリエ で観劇してきました。今まで映画や本で知っていたピアフだけでなく、リアルな表現でしたが改めてエディットピアフの人間としての凄さ、可愛いさ、はかなさ、脆さ、偉大だけどすごーく自然体の人間なんだなとますます好きになりました。このように感じさせた大竹しのぶさんの表現力、芝居の力に感服です。演出も素晴らしくテンポがあり、展開が小気味よいほどいい感じでした。 ピアニストの大貫さんも舞台の上での(ピアニスト役)で綺麗な音色を奏でていました。アコーディオンの桑山哲也さんの伴奏で「アコーディオン弾き」を歌う大竹しのぶさん迫力で素晴らしかったです。
んー、またいい作品を観てパワーを頂きました。

■2013年1月25日
<バルバラ出演>    
 共演は 小笠原 啓さんと三四郎さん。ピアノは武藤晶子さん。   
 昨年の帝国ホテルディナーショーから一ヶ月の小笠原さん初めてのバルバラ出演
カジュアルななかにも小洒落れた衣装とアクセサリー、三四郎さんもカジュアルだけれども光るセンスの衣装。偶然あたしもパンツルックの衣装で三人の偶然とはいえ揃ったバランスいい感じでした。
 バルバラもピアノの位置も替え新鮮な感じでした。音響も良く昨夜は、我ながら満足度高いライブで、小笠原さんも素晴らしい声(張りのある透明感のある)で5曲歌い、なかでも「ひなげしの花」「鶴」は絶品でした。本人もステージで回を重ね歌う重要さを身に染みたと打ち上げで語ってました!
オーナー千葉美月さんにもお褒め頂き、あたくしも鼻高々な夜でした。

■2013年1月19日
<シャンパーニュ出演>新春「歌いまくるぞ」
 共演は司  純さんとMAIKO。
司さんの軽妙なMCでまずはお客様の掴みOKで始まり、カンツォーネの「ガラスの部屋」素敵でした。一年ぶりの共演ですが、とても歌唱力がアップしてましてビックリでした。
 MAIKOさんとのラテンナンバー「キェレメ ムーチョ」は二人で(あたしと)デュエットしました。現在デュエット曲を二人で増やし、レッスンしてます。二部は司さんがお客様に歌詞を配り「生きる時代」を大合唱(いい歌)しました。 
「冬隣」はMAIkOの18番になりつつあります。あたしのリクエストでしたが、素晴らしかったです。 涙するお客様がいらっしゃいました。
 久しぶりの再会した方々や、かつてレッスンをしてました生徒さんが来て下さり、超嬉しかったです。あたしを思い出してきてくれたのが本当に嬉しかったです。最近お便りや電話があり、あたしの温もりを感じてくれたのだと嬉しいくなっていたところでした。

沢山のお客様にご来場頂きまして、ありがとうございました。
今年もよろしくお願い申しあげます。

■2013年1月13日
 銀座ルテアトル銀座で向田邦子さんの代表作「阿修羅のごとく」舞台を観てきました。豪華女優が出演でワクワクしていきましたが、期待通り素晴らしい芝居でした、初めての阿修羅のごとくでしたので内容も解らずでしたが、とにかく面白かった深い深い話。日常的な舞台構成で父親の浮気からどんどん発展していくのは2時半あっという間でした。役者さんはみんな素晴らしくさすが第一線で活躍なさっている方々ブラボー。
演出も台本も音響も舞台装置もすべて良かったです。
 荻野目慶子さんは二女役かいがいしい妻を演じてましたさすが、新婚なだけにピッタリの役素敵だった。 終演後、楽屋見舞い伺っていろいろお話してきました。
今年は映画や芝居をできるかぎり観ようと思います。

■2013年1月9日
明けましておめでとうございます
2013年 元旦 「レ ミゼラブル」の映画を鑑賞しました。初めからラストまで涙が流れっはなし…素晴らしい映画でした。舞台では何度が観てましたが、この映画は本当に素晴らしかったです。すべてが。キャストも音楽も歌唱力も衣装もすべて良かったです。

人生の在り方人間の生き方人に対して、心広く優しく…考えさせていただきました。
皆様今年もよろしくお願い申しあげます

戻る

Copyright:(C) 2011, AOKI OFFICE, All rights reserved.